独身女性が街コン・婚活パーティーに参加する際の心得

街コンという言葉を最近よくメディアで耳にしますが、
皆さんは行ったことはありますか?

そもそも街コンとは?

まず「街コン」は基本的には
同性の友人二人で参加し、男女2対2で話をする場のことを言います。

その際、いろんな異性の組み合わせになったりしながら、
3時間くらい話をして、気の合う人を見つけるのです。

最初に場所や値段が選べるところも多いです。
どの「街」で遊びたいか、ということです。

さらに費用は、男性は5000円~7000円くらい、女性は3000円~5000円のことが多いです。

そもそも街コンとは?

では実際参加した場合、どのようなことに気をつけたらいいでしょうか?

1.連れて行く友人は、自分と違うタイプの人を選びましょう

自分と同じタイプの女性と一緒に行くと、そちらに人気が分散してしまうことがあります。

そのためできるだけ自分とは異なるタイプの女性と街コンへ参加しましょう。
また好みの異性が異なっていることもポイントです。
それでも同じ人を狙ってしまうこともありますが、
一緒に行く友人はできれば全くタイプの違う友人がいいでしょう。

2.当日も違うタイプの女性と一緒に行動しましょう

もし一人で「街コン」に参加する場合でも自
分と違うタイプの女性と一緒に行動できるように、相手を選びましょう。

女性はなんとなく自分の敵になりそうな同性に対しては、
敵対心を抱きさりげなく睨んだりすることがあります。
そうした女性は共に行動するのは危険ですから、なるべく避けた方が無難です。

3.できるだけ多くの人に連絡先を聞こう

街コンの時間は3時間弱と限られています。

そのため連絡先を交換しておかないと二度と会えませんし、
どのような人かはいきなりはわかりませんから、できるだけ多くの人の連絡先を聞いておきましょう。

それによって街コンが終了した後に、良いなと思った時に
すぐに連絡することができるようになります。

4.相手の趣味や好きな料理の話題に持ち込む

話が合うかどうか話が弾むかどうかまだわからない部分はあると思いますが
趣味や好きな料理を聞くのが一番次につなげられやすいものとなります。

それは「一緒に行こう」と誘いやすいからです。

街コンの目的は次のデートへと異性を誘うことですから
そのための方法としてこうしたテクニックが重要になってきます。

5.気に入った異性がいればすぐに二次会へと誘う

気に入った男性がいた場合街コンが終わってすぐに二次会に誘ってみましょう。

こうした街コンに参加される方であれば
女性から誘っても特に問題はありません。

特に「街コン」に参加する男性は草食系の男性も多いですから、
女性の方が「待ち」の姿勢でなく「攻め」の姿勢でいってしまいましょう。

6.とにかく次の約束を取り付ける

本当に二人で会いたいくらいいいなと思った場合には
次の約束までつなげていくことが大切です。

「また機会があったら」や「今度行けたらいいね」では社交辞令で終わってしまいますから、
相手が嫌がらない程度に「○○の映画、見に行きたい」「いつぐらいは大丈夫そう」といった様に具体的な話まで落とし込みたいところです。

お互いが「見たい」「行きたい」意志があるということが確認できていれば、
こちらからでも誘いやすいかと思います。

そのために事前に相手の趣味や好みなどを聞き、
それに対して「私も行ってみたい」「見たいと思ってた」といった言い方で共感する姿勢を見せていくことがポイントです。

楽しみつつも相手を見つけることが街コン

街コンはそのイベント自体が楽しいこともありますが
次につなげていくことがなによりも重要です。

街コンに行った後にはそこで出会った人とデートに行けるように頑張ってください。

現在数多くの街コンイベントがありますが、大手の街コンサイトとしては街コンジャパンなどが有名です。

独身女性が街コン・婚活パーティーに参加する際の心得に関連する記事

Copyright(c) 2014独身女性の人生設計 All Rights Reserved.