独身女性が将来海外で老後を過ごそうとする際の注意点

独身女性の中には「老後は海外で」と考えていらっしゃる方もいるでしょう。
確かにしがらみのある日本を飛び出して「海外に暮らす」という響きは魅力的です。

ただその場合は周到な準備や下調べが必要です。
まずは現地の語学に堪能であることが第一条件です。
海外の中には日本語が通じるような所もありますが、
まずは現地の言葉がきちんと話せないといけません。

今回はそんな老後を海外で過ごそうと考える独身女性へ
その際の注意点をいくつかご紹介します。


日常生活以上の語学力が必要

現地で長く暮らすとなれば、
不動産を借りたり、電気やガスの契約をしたり、携帯も購入しなければなりません。

それは観光で行く時とは比べ物にならないくらい、いろいろな手続きが必要になってきます。
これまで観光で土産物を買っていたのとは、桁違いの語学力を要求されます。

病気の際の対処法を考えておく必要がある

病気の心配もしなくてはなりません。
長期滞在しようとしている国の医療施設はどのようなものでしょうか?
国自体の医療水準は低くても、外国人用に立派な病院を用意している国もあります。

ですがそのような病院は言ってみれば「お金持ちの外国人用」ですので、
実際に診て貰うとかなりの医療費を要求されます。

もし病気になった時にはどこでどのようにしていくかを事前に検討しておくと良いでしょう。

ビザの取得について

一番の問題はビザです。
日本人が長期間滞在しようとすると、
それ用のビザが必要な国がありますし、
そのビザを取得するのがとても大変な場合があります。

ですからそれらの問題を全てクリアしないと、
海外に長期滞在というのはなかなか難しいでしょう。

もし、多少お金がかかっても構わないのであれば、
このようなビザを取らずに滞在するという方法もあります。

国によって観光ビザで滞在できる期間は決まっています。
そしてこの観光ビザというのは簡単に取得できますので、
この期間だけを現地に滞在して滞在期限が迫ってくると一度日本に帰国し、
また現地に戻るということを繰り返せばいいのです。

まずはお試しで数ヶ月暮らしてみることも

いずれにしても、海外に長期間滞在するというのは
思っているほど簡単なものではありません。

ですから老後は海外で過ごしたい場合はまずは1月2月という単位で現地に滞在してみることをお勧めします。
それにより長期滞在するというイメージがしっかり掴めるでしょう。

それでもやはりその国に長期滞在したいとなれば、腰を据えてしっかり準備を始めればいいのです。

独身女性が将来海外で老後を過ごそうとする際の注意点に関連する記事

Copyright(c) 2014独身女性の人生設計 All Rights Reserved.