独身女性が一軒家を購入することのメリットとデメリット

最近では独身の女性が一軒家を購入するといったケースが増えてきています。
ただ一般的に考えると独身でいる中で戸建ての住宅を購入するということは
ちょっと抵抗があるケースも多いかと思います。

そこで今回は独身女性が一軒家を購入することによるメリットとデメリットについてご紹介したいと思います。


一軒家を購入することのメリット

一軒家のメリットは、マンションのように管理費・修繕積立金が必要ないことです。

建ててしまえばそれらの費用は、自分で管理・修繕することになるため、
マンションのように積立金をこちらから払って修繕していただくようなことはありません。

また、自分の好きなように一軒家を改造・立替や増築して、
住みやすくできるのもメリットです。

管理組合などへの強制参加もありません。
また、築年数が経過したとしても土地としての価値が残るため、
資産価値が落ちないというのも大きなメリットです。

これがマンションでは建物の価値が落ちれば資産価値は低下してしまいます。
独立性が高く、プライバシー面で優れています。

また、ある程度、隣家と離れている場合には騒音の面でも優れています。

一軒家を購入することのデメリット

一軒家の管理は大変だということがデメリットとして挙げられます。

特に独身女性の場合は自分の代わりに管理してくれる家族がいませんから、
働きながら一軒家を維持していくことになります。
庭の掃除、草むしり・草取り・近所づきあいなど、大変なことはたくさんあります。

同じ立地条件では、マンションより一軒家のほうが物件が高くなりがちです。

将来の修繕費は自分でためる必要があります。
また、防犯などのセキュリティ面も自分で整備せねばならずその分のお金がかかります。

自分のライフスタイルに合わせて購入か否かを決める

独身女性が一軒家を購入することは、メリットと同様デメリットもたくさんあります。
取捨選択を上手に行い、自分にあった一軒家を見つけてください。

住まいは一生の買い物です。慎重にメリットとデメリットを使い分けていきましょう。

独身女性が一軒家を購入することのメリットとデメリットに関連する記事

Copyright(c) 2014独身女性の人生設計 All Rights Reserved.