独身女性の老後の資金をコツコツ貯金する方法

20代30代の若いうちはあまり気にならないでしょうが、
若くて華やかな独身生活の後には誰しも老後の問題が必ずやって来ます。

一人2,000万円とも3,000万円とも必要と言われる老後資金。
老後が差し迫ってから準備しては間に合わない場合もあります。
そこで若いうちからコツコツと準備をする方法をご紹介したいと思います。


毎月給料天引きで老後資金を貯蓄する

若いうちから毎月3万円でも5万円でもいいので、
できる範囲で積立貯金をすることをお勧めします。

お給料を頂いたら速やかに引き落としされるように
銀行などで手続きをするか、勤め先の財形貯蓄を利用するのも方法です。

とにかく引き落としたお金は無かったものとして考え、
絶対に手を付けないようにしておきます。

毎月3万円でも1年で3×12か月=36万円、10年経てば360万円になります。

ボーナスも一定額貯蓄していけば、更に金額を増やすことも可能です。
塵も積もれば山となるという様に、気が付けばまとまったお金が貯まっており安心です。

普段から出費の財布の紐をしめておく

貯蓄するにはまず、日頃からの出費のディフェンスを固くしておくことが基本です。

お金は誰しも打ち出の小づちのように無尽蔵に出てくるものではなく、限りあるものです。

いかに効率よく効果的に使えるかはとても重要になってきます。
とは言え、若いうちはお洒落も趣味も楽しみたいのが本音。

しかし欲しい物を好きなように買っていてはキリがありません。
買い物をする時は多岐にわたって使えるものかどうかをよく考えて購入するようにし、
セールやバーゲンを賢く利用していくことが大切です。

また、日常生活で必要な食費はなるべく自炊を心がけ、
外食を減らすことで食費が安くなるばかりか、健康維持にも繋がります。

日用品はなるべく使いまわせるもの工夫して使用するようにし、
物を増やさないよう心掛け、常にお財布も部屋もすっきり無駄なく暮らすことが日々の出費のディフェンスを上げるポイントです。

このようにお金を大切にしつつ、きちんと貯蓄をして備えておけば、老後を目前に控えても慌てず対応することができます。
「備えあれば憂いなし」の言葉通り、若いうちから堅実な経済観念を持って生活することが大切です。

独身女性の老後の資金をコツコツ貯金する方法に関連する記事

Copyright(c) 2014独身女性の人生設計 All Rights Reserved.