独身女性の老後を考えた物件選びのコツ

若いうちは賃貸のアパートでも簡単に契約することができますが、
仕事を辞めた老後はなかなか賃貸住宅の契約をすることが難しくなると言われています。

そこで自分の終の棲家となる家を若いうちから計画的に考えておく必要があります。
ここではその家を決めるのに重要なポイントをいくつかご紹介したいと思います。


小さくても生活に便利な物件を選ぶ

一人暮らしの女性なら、それほど大きな家でなくても十分に暮らしていくことができます。

ワンルームのマンションや、自治体の運営する団地などで、
こういった物件をしばしば見ることがあるかと思います。

なるべく老後に慌てることのない様、気になる物件を見つけたら、
自分でローンのシュミレーションをして、無理の無い範囲で購入計画を立てましょう。

またその際は交通の便や、銀行、スーパー、病院など
生活に必要なものが近くにあることも大切です。

若いうちは車や自転車でどこへでも移動できても、
老後は足腰のトラブルなどで自由に動きづらいかもしれませんし、
病院などへは頻繁にお世話になる可能性が高いからです。

近所のお付き合いのある地域を選ぶ

都会でも最近ではニュースなどで、老人同士のお付き合いがあったり
集まりがある地域がよく報道されています。

若いうちは面倒な近所づきあいですが、年を重ねて仕事を辞めてしまえば
親兄弟とも疎遠になった後、繋がるのは地域です。

地域の交流が活発な地域や様々な配慮があって孤独になりにくい地域を選ぶことは、
何かあった時にとても心強く、大きな老後の安心に繋がります。

階段の無い高層階は避ける

いくら素晴らしい見晴しの部屋でも、
階段の無い高層階は老後の生活には大変な負担になります。

老後も自分の足で昇降できる階に住むか、
エレベーターの付いた物件を探すようにします。

年を重ねた足腰は意外に不自由なものだそうです。
若い時の妥協が老後の悩みにならないよう、先々を考えて物件を決めることが大切です。

誰しもなってみなければ分からない自分の老後ですが、
若いうちから備えておくことは大切です。

ご近所で見かける高齢の方や、ご自分の身内の方をよく観察し
無理なく生活できるあなただけの終の棲家をしっかり見極めて準備しておきましょう。

独身女性の老後を考えた物件選びのコツに関連する記事

Copyright(c) 2014独身女性の人生設計 All Rights Reserved.