独身女性に生命保険は必要か。そんな疑問について考えてみる

独身女性に生命保険は必要でしょうか?必要であるならその額は?など
保険に関することには悩みや疑問が尽きないところです。

今回はそんな独身女性の生命保険についてご紹介します。

基本的には必要ない

独身の場合、少しでも手元にお金を残しておきたいもの。

生命保険の数千円だって惜しいと考えるかもしれません。
基本的に、独身女性の場合、生命保険は必要ありません。

死んでしまって特に困る家族がいないからです。
どうせならその生命保険料の数千円を、貯蓄に回しましょう。

そちらのほうがよほど効率がよい貯蓄になります。

また、しっかりしたところにお勤めの方は、死亡したら会社から弔慰金が出る場合があり、
これが何百万になる場合もあります。

生命保険について考える前に、一度勤め先の死亡弔慰金について調べてみましょう。

お葬式代を残したい場合には加入を

もし葬式代を残しておきたい人は、生命保険に加入しましょう。

一般的に葬式代は300万位あれば十分と言われています。

独身女性に高額の保険金は必要ありません。

保険の見直しは結婚のときに

生命保険に加入している人の場合、
結婚したら保険を見直しましょう。

家族がいるひとといなひとでは、
必要となる死後の保障も異なってくるからです。

結婚したらかならず見直しましょう。
子供ができたらなおさらです。

医療保障は状況に応じて

生命保険とは別に、けがと病気の保障をカバーする医療保障がついた保険もあります。

こうした保険は自分自身の体調や不安に合わせて加入すると良いでしょう。
県民共済の医療保障タイプでは、月1,000円から加入できるものがあります。

独身女性に生命保険は必要か。そんな疑問について考えてみるに関連する記事

Copyright(c) 2014独身女性の人生設計 All Rights Reserved.