30代独身女性が親の介護をするときに気をつけること

老人
30代になってくると親の年齢も高くなっていき、介護が必要となる家庭もあると思います。
そんな30代独身女性における介護で注意をしておくべきこととは何でしょうか。
今回はそこにスポットをあてて考えてみたいと思います。


30代独身女性の介護において注意をすることはズバリ「結婚」「仕事」の2つです。

1.介護をしながら結婚をできるかを検討する

介護をしているとそれに時間を使ってしまうことになります。
また、介護は基本的には家の中で行うため出会いの回数も少なくなってきます。

そのため30代という年齢も考慮すると結婚をするとなるとハードルはどうしても高くなってしまいます。
もしまだ結婚相手となる運命の人が現れていない場合には街コンサイトで情報を収集することやツヴァイやユーブライドなどの結婚情報サイトに登録するなど積極的に結婚に向けた行動をする必要があるでしょう。

2.仕事を続けながら介護をすることができるか

30代の独身女性の場合これまで続けてきた仕事がある方もいらっしゃるかと思います。
そうした時に現在の仕事を続けながら介護ができるのか否かということは大きな要素となります。

もし続けていくことができない場合には生活費などを今後やりくりしていく方法を見つける必要があります。
もしくは自分は仕事を続けて、介護ヘルパーを雇うといった方法も考えられます。
自分の状況に応じて、仕事と介護のバランスをとることを検討する必要があります。

その他にも、30代という比較的早い年代から介護が始まるという点で精神的にも余裕がなくなることがあります。
そうした時には誰か周囲に相談をできる人がいれば心の休息にもなるでしょう。

30代独身女性が親の介護をするときに気をつけることに関連する記事

Copyright(c) 2014独身女性の人生設計 All Rights Reserved.