豊かな老後をおくるために30代からやっておくべきこと

豊かな老後のために30代からやっておくべきことはなんでしょうか。
現在の状況を振り返って生きていくために
今のうちにきっちりと準備をしましょう。

ダイエットする

おしゃれや、老後の健康のために、
今からダイエットをしておくことは非常に有効です。

成人病の理由の一つに肥満がありますし、
太りすぎは誰にとってもよくないことです。

実際の問題が起きるのはもう少し先ですが、
今からダイエットしてリスクを減らしておくことは、非常に有効なことなのです。

資格の取得にチャレンジする

弁護士や公認会計士など、
難関資格と呼ばれるものにも挑戦できる最後のチャンスです。

気力も体力も充実している30代の今、チャレンジしないと今後の人生のうちで資格を習得する機会は激減します。

実際に40代になってからでもできないことはありませんが、
いろいろな衰えがでてきたり、時間の制約があったりして難しいでしょう。

天職と呼ばれるものへのチャレンジも最後のチャンスです。

趣味を見つける

仕事が天職とはいいがたくても、
仕事以外に好きなことを見つけられたら、
それはそれでいうことがありません。

退職したら生きがいにもなります。
これがあるのとないのでは、老後の楽しさに違いが生まれます。

ボランティア活動でもいいですから、生きがいにつながる出来事をさがしてください。

仲間を作る

一生の付き合いになりそうな、
仲間を見つけるのもこの時期です。

仕事や趣味の仲間でもいいですし、
異業種の仲間でもいいですので、
一生付き合える人脈を築いておきたいものですね。

語学を学ぶ

勉強のやり直しです。

語学は使わないと衰えてしまいます。
10代、20代に語学をがんばった人も、
このあたりでもう一度、がんばっておきましょう。

貯金以外にも老後の備えは必要

老後は貯金以外にも大切なことは多くあります。

そこで今回はお金だけでは満たされない部分を取り上げてみました。
老後のための備えはこれからです。がんばって豊かな人生を送りましょう。

豊かな老後をおくるために30代からやっておくべきことに関連する記事

Copyright(c) 2014独身女性の人生設計 All Rights Reserved.