生涯独身を貫くことが向いている人、向いていない人

ライフスタイルが多様化していく中、
「生涯独身」という生き方を選択する人も増えてきています。

とはいえ「生涯独身」という生き方には向く人と向かない人がいることも事実かと思います。
それではどんな人が向いていてどんな人が向いていないのでしょうか。

独身でいることのメリット、デメリットと共に考えたいと思います


独身でいることのメリット

独身でいることの最大のメリットは「自由である」ということです。

結婚すると、夫・子供・夫の家族のため・地域行事などに時間とお金を割かなければなりませんが、
独身であれば休日や仕事が終わった後の時間や、自分で稼いだお金は自分のために使うことができます。

また、独身であれば嫁姑という煩わしい関係に悩む必要もありません。
そして、自由に恋愛を楽しめるということ。結婚した後に恋愛をすれば「不倫」となってしまいますが、
独身ならばいつまででも恋を楽しむことができます。
また、結婚と違い別れることも難しくありません。

独身でいることのデメリット

最も大きいデメリットは、自分で自分の生活を支えなければならないため、仕事をやめられないことです。

病気や解雇、倒産などが起きれば路頭に迷うリスクもあるのです。
老後に、頼れる相手がいないということ。誰にも気づかれず、孤独視してしまう可能性もあります。

他には親や周囲からの「結婚」への圧力や、冷たい視線に耐えなければないことなども挙げられます。
まだまだ「結婚」がスタンダードで「生涯独身」は少数派といえます。

生涯独身が向いている人・向いていない人

生涯独身でいることが向いているか向いていないかは独身の最大のメリットである「自由」を楽しめるかどうかがカギになってきます。

自分の趣味や生きがいを持ち、自分なりの時間とお金の有効な使い方ができる方は、
自由な独身生活を満喫することができ、結婚生活は窮屈に感じるでしょう。

そして、ある程度しっかりとした経済力と計画性、
周囲の目を気にしない「鈍感力」も、独身生活を満喫するうえで必要なことです。

逆に、自由な時間・お金があってもうまく使えずさみしさを感じてしまうような方は、独
身生活には向いているとはいえません。

周囲の目が気になったり、老後や経済的な面での支えがある安心感を重視する方は結婚生活がお勧めです。

生涯独身か否かは自分の判断

生涯独身と結婚、選択するのは自分自身です。
それぞれにメリット・デメリットを考えたうえで後悔の無い選択をしてください。

タグ:

生涯独身を貫くことが向いている人、向いていない人に関連する記事

Copyright(c) 2012独身女性の人生設計 All Rights Reserved.