彼からプロポーズされた時に女性が検討すべきこと

お付き合いをしている彼からもしプロポーズをされた時
素直にすぐに快諾すべきでしょうか。

まず1つ前提としておきたいこととしては
お付き合いをしている彼からプロポーズをされたら嬉しいというところです。

自分自身「まだ結婚はいいかな」や「まだまだ仕事をしたい」「今の彼との結婚は意識してない」と思っていても
いざ好きな人から結婚を申し込まれたら「彼は私とのこと真剣に考えてくれていたんだ」
と嬉しくなり少なからず結婚を意識をしてしまうかと思います。

ただ、一生の問題となる結婚ということを考えると
プロポーズされた時にはいくつか検討すべきことがあります。


結婚した後に仕事はどうするか

大好きな彼にプロポーズされたからこそ
たくさんのことを真剣に考えなければいけません。

まず最初に考えることは結婚したら仕事はどうするかということ。

今の時代は結婚しても出産しても女性が働くといった環境が整ってきています。

産休制度や育休制度も充実し出産後の仕事復帰などもしやすい職場が増えています。
それに対して、自分は結婚したらどうしたいか
彼は奥さんとしての自分には何を求めているのか。
これについては二人でしっかりと話し合うことが必要になってきます。

夫婦としてどこに済むか

結婚後の夫婦としての「本拠地」をどうするかという問題もあります。
どこに住んで生活の中心とするのかということです。

自分が結婚後も仕事を続けるなら自分の職場と彼の職場、通勤の便などや
買い物などの日々の生活の便利さも考えて選ばなければいけません。

また、彼の転勤の可能性も考える必要があります。

転勤の可能性がある彼の場合、転勤が決まった時にはついていくのか
それとも単身赴任になってもらうのか、今だけでなく子供ができた時まで今のうちに考えておかないと
実際に転勤になった時にもめることになります。

また、転勤以外でも両親と同居する可能性があるかなど
住む場所についてはきちんと事前に話し合っておくべきです。

お金の話をしておく

欠かせないのはやはり二人のお金に関する話です。

自分が寿退社して専業主婦になった場合
家庭の生活費はどういうやりくりをするのか
お互いが自由に使えるお金、いわゆるお小遣いはどうするか。
また、共働きの場合の生活費はどう分配するのかなどです。

このような具体的な話になると
急に現実味を帯びてきて、腰が引けるかもしれません。
特にお金の話なんかは楽しい話ではありません。

ただこれから誰かと共に生きていこうとしている時に
事前にこうした話し合いをしておかないと後でもつれてしまうこともあります。

お互いに結婚を考えている時に
彼の考え、自分の気持ち、現実的な事などをきちんと把握しておくことで
結婚後も順調で幸せな生活を築くことができるようになってきます。

プロポーズの誘惑に負けずに冷静に話しあう

プロポーズを受けるとそのまま空気感で承諾してしまうこともあります。

ただ、こうした結婚という一大イベントは互いに納得したうえで結婚準備を始めていくことが何よりも肝心です。
結婚生活というのは他人が一つ屋根の下で支えあい生きていくことです。

失敗しないよう、お互いが幸せに生きていけるようしっかり考えて話し合いましょう。

もし話し合っても結論が出ず結婚がナシになったとしたら
それは、そこまでの事だったと吹っ切れることも大切です。

妥協をして、幸せではない結婚生活を送るのか新たな自分の本当の相手に巡り合う時を待つのか
決めるのは「自分」です。

彼からプロポーズされた時に女性が検討すべきことに関連する記事

Copyright(c) 2014独身女性の人生設計 All Rights Reserved.