独身女性の老後の問題を1つずつ考えていくことで見える生涯独身のススメ

いわゆる結婚適齢期を過ぎた独身女性は大勢います。
結婚したかったけど相手が見つからなかった人、
ご主人が先に亡くなってしまった人、離婚したり未婚の母になった人など事情は様々です。

これらの女性に共通しているのは、決して恋愛をあきらめているわけではなく
ただ機会がなかったり理想的な恋愛がないだけだとも言えます。

また現実問題として、結婚しなくても幸せな人生を送り
安定した老後を送ることもできます。

結婚していない女性の老後で心配なこととしては
金銭面での保障、感情面での寂しさ、体力的な支えなどでしょうか。
これらについて1つ1つ確認していくことで今の内に準備することができることもあります。

金銭面での問題

まず金銭面に関しては、しっかり貯金をして国民年金を支払準備をする必要があります。
通常老後の独身女性は2,000万円かかると言われています。

60歳までに2,000万円を貯めておくということは収入がまだ男性と比較して低い傾向にある女性の場合
難しい面も多いですがそれでも今のうちから準備をしておくことによって大分解決することができる道が生まれてきます。

感情面での問題

独身女性の老後で心配なのは、感情面での寂しさです。
独身でいるため周囲に頼れる人物がおらず不安になってしまうというものです。

しかし多くの既婚女性の場合でもご主人や家族とのトラブルで、
いらいらしたり不安になったりしていることもあります。

独身女性の場合時々寂しくなることはあっても、
逆に多くの不幸な出来事から避けていられるということもあります。

積極的に外部の友達と交流したり、習い事に参加することによって
寂しさは克服できることもありそこまで心配をする問題でもないと言えます。

体力面での問題

3つ目は体力面や医療面での支えです。

こちらも現在では地域の介護や看護システムも充実していますから、昔ほどの心配はなくなってきています。
バリアフリーの施設も増えていますし、インターネットを利用することによって
欲しいものも自宅まで届けてくれる様になっています。

またお金に余裕があれば施設に入居することによって同じような境遇の人々とも出会うことができ
情報の交換や人生についての話し合いなどもできるようになってきます。

さいごに

無理して好きでもない人と結婚して不幸になるよりは、
生涯独身で自分の自由に人生を生きるのも1つの選択肢です。

世界的に見て女性の方が寿命が長いことを考えると、結婚をしたとしてもいつかは未亡人や独身の立場となってくる可能性があります。
あせって恋愛するよりも、生涯独身で何かをやり遂げるのも幸せではないでしょうか。

独身女性の老後の問題を1つずつ考えていくことで見える生涯独身のススメに関連する記事

Copyright(c) 2014独身女性の人生設計 All Rights Reserved.