老後を見据えてマンションを購入するか迷う女性が増加中

30代になると女性もどんどんと既婚者が増えてきます。
特に後半となれば周囲の女性のほとんどが結婚しているという状態になってきます。
地方ほどその傾向が強く、肩身が狭くなるようです。

さて都心に住んでいる独身女性の場合、どのようにこの現状に対応しているのでしょうか。


結婚相談所だと同世代の男性からアプローチが来ない可能性も

結婚相談所に入会する方も増えつつありますが、残念ながら男性はどうしても若い女性を希望するケースが多くなってきます。
そのため30代の女性を求めるのは同世代ではなく、40や50以降の男性という場合もあります。

老後のことを考えてマンション購入へ

30代後半になり結婚を諦める方もだんだんと意識が出てくると次に考えることが老後に向けてのマンション購入です。

一人であればワンルームでも問題ありませんが
いつかパートナーができた時のことを考えると1DK以上で二人で入居する可能性が出ても対応出来る物件が人気の様です。

また、老後のためにという場合の検討すべき事柄としては
バリアフリーに対応しているかや、駅から近いか、スーパーや病院から近いかといったことが挙げられます。

将来あまり自由に動けなくなった場合でも問題なく生活ができるかどうかを念頭においてマンションを探すことが望ましいでしょう。

マンション購入は結婚をあきらめるか否かの別れ際

マンションを購入するということは結婚をあきらめるということに踏み切るのに近い行為となります。

本当にあきらめてしまった方が良いのか、それとも結婚に向けて進んでいくのか
もう一度しっかりと考えて悔いのないような決断をできるようにしてみてはいかがでしょうか。

老後を見据えてマンションを購入するか迷う女性が増加中に関連する記事

Copyright(c) 2012独身女性の人生設計 All Rights Reserved.