老後を考えると賃貸マンションは辞めた方が良い?

住居

年齢を重ねると、賃貸マンションを借りることができなくなってしまうといった話を聞くことがあります。

そのため老後を考えると持ち家の方が良いということが言われる場合もありますが実際のところはどうなのでしょうか。


1.高齢者に部屋を貸したがらない不動産会社は確かにある

高齢になると、やはり何かがあるかもしれないと考える大家さんもいるようで余り貸したくないと考え断られるケースがあります。

階段などがある場合ですと、その昇り降りでケガをしてしまう可能性があったり万が一亡くなってしまった場合にはその時の対応などを懸念点として感じる場合がある様です。

ただ、こうした大家さんもいれば、若者よりも部屋や家を汚さないということから歓迎をされる場合もあります。

その様な管理業者や大家さんの方針がありますので
高齢となると全て自由に賃貸物件を選ぶことができなくなる可能性はあります。

2.金銭的に問題がないこと、元気であることを見せる

高齢の方の入居をためらう理由として多いのは、金銭的に余裕がなく家賃が滞納されてしまうのではないかということと、万が一のことが起きてしまった時の対応などが挙げられます。

そのため、もし一生賃貸を選択するという場合にはこれらの点を解消できることをアピールすることが重要です。

収入を証明するということは年齢からいって難しいですが、家賃については支払うことができるということを交渉の場で話しておくと管理業者や大家さんも安心することができます。

また、その際に元気さをアピールすることも大切です。

老後を考えると賃貸マンションは辞めた方が良い?に関連する記事

Copyright(c) 2014独身女性の人生設計 All Rights Reserved.