シングル女性のマンション購入が何故増えているのか?

2014年4月から消費税が5%から8%に変わります。
それもあり大きな買い物をする方が急激に増加していると言われています。

特に最近では30代の独身女性によるマンション購入が多いとされており、今回は何故そのような現象が起きているのかを考えてみました。

女性の場合20代の頃から「結婚しないの?」とイヤになるほど聞かれているかとは思います。

そして30代も半ばになると、続けてきた婚活にも疲れが見え始め、結婚したい!という思いと、もう無理なのかも?とういう思いのはざまで揺れ動く時期になってきます。

この先の人生を冷静に考えた時もし一生独りで生きていくことになったとしたら自分はどうするべきだろうと考えた時、マンショをン購入して老後に備えるというケースが出てきます。

シングルのまま老後を迎えるとなると、賃貸住まいより思い切って購入しておこうという動きが以前はありましたが、現在では「もし結婚したら売却すればいいし、生活のスタイルによって住み変えるよう」という意識で購入される方も増えています。

両親が購入を後押しするケースも

マンションを購入する30代が増えている他の動機としては、アラサー女性の両親の方がマンション購入を後押しするパターンがあります。

両親がマンション購入をすすめる背景には、まだ若いうちにマンションを購入しておくことにより資産として持っておくことで、将来に備えておくということがある様です。

また結婚をする際にもマンションを購入しているということがステータスとなることもあります。

30代でマンションを購入するポイントとは

とはいえ30代の独身女性がマンションを購入するということはかなりの勇気が必要です。

そこで実際に購入する際には、一人で暮らしていくための家なのかそれとも将来パートナーや両親と住む予定の家なのかといった目的を設定しておくことが重要です。

また、そのマンションのローンについてを
どのように返済していくのかといったことも大切となってきます。

シングル女性のマンション購入が何故増えているのか?に関連する記事

Copyright(c) 2012独身女性の人生設計 All Rights Reserved.