同棲をする前に考えるべき、男女二人で決めておきたいこと

結婚前のステップとして、お互いをよく知るために同棲するという人も多いでしょう。

ですが、他人同士が一緒に生活するわけですから、トラブルが起きやすいのも事実で、それが原因でお別れなんてこともよくある話です。

今回は、トラブルを未然に防ぐために、同棲を始める前に決めておきたいことをご紹介します。

お金のことをきちんと決める

同棲を始めるにあたって、トラブルになりやすいのがお金のことです。

家賃や光熱費、食費など何をどっちが支払うか、いくら払うのかなどのルールは、きちんと決めておきましょう。

また、決めた分をきちんと出しているならば、残ったお金は自由に使いたいのも当然ですが、同棲はあくまで「結婚前のステップ」としての段階です。

結婚を見据えているのならば、相手がお金に自由すぎるのも心配ですから、ショッピングは月に○万円、ボーナスは旅行費用にあてる、ギャンブルは○万円までなど、娯楽費もきちんと話し合っておくとよいでしょう。

また、お互いに借金はないか、車のローンや奨学金の返済額などはいくらぐらいなのかを確認しておくことも必要です。

家事のこと

お互いに仕事をしているのならば、家事負担がどちらか一方に偏りすぎるのはトラブルの元です。お互いの仕事の忙しさや、帰宅時間なども考慮したうえで家事分担を話し合いましょう。

種類ごとに、掃除は彼、料理はあなたなど役割を決めるのも良いですし、月・水・金は彼で、火・木・土はあなたといった具合に曜日で決めてもいいですね。 お互いに納得のいく形を話し合いましょう。

また、決めた分担にとらわれすぎるのではなく、相手が忙しくて出来ない場合、自分に時間がある時は変わってやってあげるという思いやりと、臨機応変に対応していくことが大切です。

将来のこと

同棲の目的をはっきりさせておきましょう。

結婚前提としたものか、単にお互いの生活費軽減のためなのか、ただ一緒に過ごしたいだけなのか、お互いの意識が違っていると、後々トラブルになります。また、結婚前提のものでも、いつまでに結婚の話を具体化するのか、期限を設けておかないと、だらだらと同棲生活が続いていくということにもなりかねません。

さいごに

一緒に生活をすると、お互いの嫌な面やだらしない部分も見えて、トラブルも増えます。

やみくもに同棲を始めるのではなく、お互いに譲れるところ、譲れないことを話し合い、納得したうえで同棲をスタートさせると、同棲生活もうまくいくでしょう。

同棲をする前に考えるべき、男女二人で決めておきたいことに関連する記事

Copyright(c) 2014独身女性の人生設計 All Rights Reserved.