親族の結婚式での服装はどうすれば?独身女性が気をつけたい服装マナー

結婚式や披露宴に、親族として出席する場合は、友人や同僚などの立場で出席する場合と違い、控えめで格式のある装いなどが求められます。
では、どんなところに気をつけたらよいのでしょう

振袖?留袖?洋装?どんな服装が良いの?

親族の結婚式となると独身女性は振袖が定番ですが、30代になると「振袖着てもいいのか?」「独身なのに留袖?」と何を着るかに悩む方も多いようです。

30代で振袖でも構いませんし、振袖を着ることに抵抗がある場合は、色留袖は既婚未婚に関係なく礼装となりますのでOKです。

また、アフタヌーンドレスやフォーマルスーツなどの洋装でももちろん問題ありません。

結婚式で着物を着る場合の注意点

振袖や色留袖で出席すると華やかになり、
式の格が上がってみえると喜ばれることが多いです。

着物で出席する場合は、花嫁の打掛の色柄を確認して、花嫁と同じ色柄は避けるようにしましょう。

また、ファーやアクセサリーは身に着けないようにしてください。

メイク、ヘアも派手になりすぎないように注意しましょう。間違っても、成人式の時に多く見られるようなボリュームのあるスタイルにならないように。

結婚式で洋装の場合の注意点

ドレスやワンピース、スーツは、白や柄物は避けましょう。また、花嫁のお色直しのドレスの色ともかぶらないようにした方が良いでしょう。

また、スカートは膝丈よりも長いものを選び、肌の露出が多くなりすぎないように気を付けましょう。肩が出るデザインのドレスの場合はショールやボレロやジャケットを羽織ります。靴はつま先が隠れるデザインのものを選びましょう。

メイクやアクセサリー、ネイルなども派手になりすぎないように、友人としての参加よりも若干控えめを心がけましょう。

両家とのバランスを考えよう

礼装ならば何でもよいというわけでありません。
結婚式の会場、両家の他の親族とのバランスも考慮したうえで、何を着ていくかを決めましょう。事前にご両親などと打ち合わせをしておくことをお勧めします。

タグ:

親族の結婚式での服装はどうすれば?独身女性が気をつけたい服装マナーに関連する記事

Copyright(c) 2014独身女性の人生設計 All Rights Reserved.