一人暮らしでも大できる!コツコツと貯金をしていく方法

一人暮らしの場合家賃や光熱費等出費も多く、
実家暮らしのように貯金ができないものです。

ですが、いざという時に備えてやはり貯金は必要です。
一人暮らしの女性が、貯金するポイントをご紹介します。

まずは目標設定

漠然と貯金するよりも「35才までに500万円」「1年間で100万円」など明確な目標があった方が励みにもなりますし、逆算して毎月いくらで生活しなければならないなど具体的に行動しやすくなります。

カードを賢く使う

クレジットカードはカード会社によってポイントが付与され、様々なサービスが受けられたり、商品券や電子マネーなどと交換できたりします。

家賃や光熱費など金額が大きいもの、毎月固定的に発生するものをカード払いにすることによって、ポイントが早くたまってお得です。また、複数のカードを所有している人は、1つに絞ることで、効果的にポイントをためることができます。

ただし、リボ払いやカードローンは、高い手数料を取られてしまうので、利用しない方が無難です。特に、リボ払いはついつい高い買い物をしてしまいがちなので要注意です。

普通預金への預けっぱなしにする

「利息なんてほとんどないんだし、どこでも一緒」と思っていませんか?一般の銀行の普通預金では0.02%程度ですが、ネット銀行の定期預金などはキャンペーンなどで0.5%を超えることもあります。

普通預金に預けっぱなしではもったいないです。

また、もちろんリスクもありますが、株式や投資信託の優遇税制(NISA)がスタートしましたので、興味のある方は勉強してみるのもいいかもしれません。

保険の見直しをして余ったお金を貯金

「知り合いに勧められて」などの理由で、不必要に高い生命保険に加入していませんか?

保険料が安く、掛け捨てのものでも、若い独身女性なら十分です。安価で加入できる都道府県民共済や、ネット生保の医療保険なども一度検討してみてはいかがでしょう。

コンビニ通いをやめてみる

仕事帰りに特に用事もないのにコンビニに寄っていませんか?
同じペットボトル飲料でも、コンビニとスーパーでは価格は大きく異なります。

ちりも積もれば山となる。同じものを買うのなら安い方がいいですよね。

おわりに

節約ばかりでは味気ないですが、
きちんと見直してみると案外無駄なお金を使っているものです。

皆さんもご自身のお金の使い方をもう一度見直して、有意義な使い方と貯め方をしてくださいね。

一人暮らしでも大できる!コツコツと貯金をしていく方法に関連する記事

Copyright(c) 2014独身女性の人生設計 All Rights Reserved.