30代で実家に暮らす女性が居心地よく過ごし続ける方法

首都圏に住む30代~40代独身女性の、約45%が実家暮らしという調査結果にもあるように、30代で実家暮らしという女性は多いです。

ですが、30代ともなれば、周囲の見方や、家族との距離感も変ってくるものです。
今回は、実家暮らしで心地よく過ごすためのポイントをご紹介します。

生活費をきちんと渡す

親に甘えて、家にお金を入れていない、なんて人はいませんか?

親の方もついつい娘に甘くなって「お金はいいよ」なんてこともあるかもしれませんね。

ですが、大人同士のけじめとして、自分の生活にかかる分の生活費は、最低限入れてください。

あなたの収入にもよりますが、お母様の家事負担も考慮して、多めに渡しておくのが大人の振る舞いです。

家事を負担する

料理や洗濯、掃除、お母様任せになっていませんか?ご両親も年齢的に家事が負担になってきているかもしれません。

自分の分だけでなく、休日は家族の食事を作る、家の掃除をするなど、積極的に家事をしてご両親の負担を減らしてあげてください。

また、高齢になると苦手になってくる、家電の設定や保険の手続き、税金の申告などでご両親を手伝うのもいいですね。

生活時間の違いに配慮する

食事の時間やお風呂や就寝時間帯など、家族との生活時間の違いは小さなストレスとなって蓄積されることもあります。

夜遅い帰宅の時はお風呂も出来るだけ静かに使う、食事の有無は早めに連絡など、お互いに気遣い、配慮し合えるとよいですね。

感謝を示す

実家暮らしであれば、経済的にも楽ですし、家事負担も少なくて済みます。そのことに対するご両親への感謝を、日頃言葉にしていますか?

娘なんだから当然!という態度ではなく、日頃から些細なことでも感謝の気持ちを伝えるようにしましょう。

心がけで実家暮らしが快適に

30代女性は、立派な大人です。

いつまでもかわいい娘気分でいてはいけません。家族のために自分ができることを考え、行動できるようになるといいですね。

あなたの心がけ次第で、実家はもっと居心地の良いものになりますし、周りの目も「いつまでも親に甘えている娘」ではなく「ご両親を大事にするいい娘さん」になるのではないでしょうか。

30代で実家に暮らす女性が居心地よく過ごし続ける方法に関連する記事

Copyright(c) 2014独身女性の人生設計 All Rights Reserved.