50代の独身女性は今こそライフプランを見直そう

50代は老後の資金準備が重要となる時期です。
定年前に一度老後のプランを立てることが大事です。
老後のことを考えると不安になりますが、老後の準備はできるだけ早くからする必要がありますので、50代のうちに一度ご自身の老後を見つめ直してみませんか?


ライフプランを立てましょう

まずは現在から20〜30年の間におけるライフプランを想像してみましょう。
次の車の買換え時期はいつか?
マイホームのリフォームはいつするのか?
マイホームのローンはいつ終わるのか?
退職金はおおよそいくらあるのか?
公的年金受取はいつにするのか?
公的年金受取額はいくらくらいになるのか?
定期預金はいくらあるのか?
終身保険や個人年金保険の満期はいつで、いくら受け取れるのか?
老後の旅行や趣味にかかる金額はいくらになるのか?
など
これからの20~30年のライフプランを出来るだけ詳細に立ててみてください。
これからの収支額や時期を時系列の表にすると分かりやすく整理することができます。

毎月いくらの生活費が必要なのか?

バリバリ働く独身キャリアウーマンこそ、いまさらですが毎月の生活費が最低いくら必要なのか?把握しておきましょう。

例えば最低20万必要だとした場合、公的年金受取額が13万だとしたら、不足額は7万ですよね。
公的年金受取額は日本年金機構のHPで調べることが出来ますので、是非確認してください。

では、毎月不足する7万をどこから捻出しますか?
預貯金や終身保険の解約返戻金から毎月7万円を捻出した場合、何年継続できるのか?
個人年金に加入しているのであれば、いつからいつ個人年金を受け取ることが出来るのか?
毎月不足する7万を捻出できないとなれば、何かを節約しなければなりません。
何を節約するのか?定年前の今、老後の予行練習として毎月の生活費を20万ではなく18万や15万で試してみてください。

50代の今こそライフプランを見直す

作成した老後のライフプラン表や老後にかかる毎月の生活費から、ご自身のお金がいつまで維持できるのかわかりますよね?

住宅や車のローンが定年後も残っているのであれば、繰上げ返済を検討してみるのも良いでしょう。

定年後、再就職しなければならないのか? いまから資産を増やしていかなければならないのか?

個人年金の加入を検討する必要があるのかなど、50代のうちにライフプランを立てることによって老後の生活をイメージすることが出来ます。

50代のうちに老後をイメージしてみましょう。

50代の独身女性は今こそライフプランを見直そうに関連する記事

Copyright(c) 2014独身女性の人生設計 All Rights Reserved.