1ヶ月に5万円を貯めて結婚資金と出産費用を自分で用意する

独身女性が貯蓄をする理由として
結婚資金と出産費用というものがあります。

今回はそんな結婚式の費用と出産費用について貯めていく方法についてご紹介します。


結婚式には200万円が必要

結婚式の場合海外で挙式をするか、国内で挙式をするか、結婚式場を利用するのか、ホテルを利用するのか、はたまたレストランを利用するのかで費用も異なります。

ただ平均的には300万円前後と言われています。

結婚資金はご祝儀で大抵まかなえるようになっていますが、
前払いで払うので用意をしておく必要があります。
旦那さんと半々で払うことを考えれば150万円ほどが必要になります。

ハネムーンは海外旅行を選ぶ人が多いので、一人当たり50万円程度がかかってきます。

結婚の資金として挙式と新婚旅行分の200万円前後を貯めていくことが目標となります。

出産費用はそこまで考慮する必要はない

出産費用ですが、自治体から出産一時金として42万円ほどが出るので自分が支払う金額はそれほど大きくはありません。

産院によって様々な値段が設定されています。
42万円でおつりが来る産院もあれば100万円近くかかる産院もあるので、産院のホームページやご友人やご家族などの評判を聞いてから選ぶのが良いでしょう。

個室を選択すると毎日1万円前後がかかってきます。

出産には考えているほど自分の現金は必要ないと思いますが、何が起こるか分かりません。

帝王切開の場合は通常分娩よりも10万円近く高くなりますし、備えをしておくにこしたことはありません。

出産後にも生後6カ月までに打つ予防接種が控えていて任意接種は全額自己負担なので10万円程度は用意しておく必要があります。

1月5万円を貯めていく

結婚と出産に向けて300万円を貯めるためには20歳から25歳まで貯め続けた場合年間で60万円を貯める必要があります。

12ヶ月で貯めると1ヶ月に必要な金額は5万円となります。

300万円と考えると大きな金額ですが
1ヶ月に5万円と考えるとなんとかいける気がするのではないでしょうか。

1ヶ月に5万円を貯めて結婚資金と出産費用を自分で用意するに関連する記事

Copyright(c) 2014独身女性の人生設計 All Rights Reserved.