独身でいることに絶望や虚無感を感じる時に解消するためのコツ

仕事が充実していても、友人がたくさんいても、
結婚しないことを自分で選んだ人であっても独身であるがゆえの不安や虚無感、絶望感に襲われる瞬間があるでしょう。
独身であるがゆえの絶望感はどんな時に感じ、どのように乗り越えていけばよいのでしょうか。


孤独を感じるとき

周囲に既婚者が増えていく幸せそうな既婚者と会った後など、
ふと孤独を感じ「この先もずっとこの孤独が続くのか」と絶望することがあります。

また、両親の病気や他界など、「家族」と呼べる人がいなくなってしまうとき、
自分自身の居場所、存在意義を見失い、大きな絶望感を味わう人も多いです。

老後の不安

自分自身の老後に不安を感じ、絶望する人は多いです。
特に派遣社員や、契約社員、アルバイトなどの低所得者の場合、
老後暮らしていけるだけの年金は期待できません。一生働き続けなければいけないかもしれません。

また、お金の心配がない人でも、病気になったとき介護が必要になったときに頼るべき「家族」がいないことは大きな不安です。最悪の場合、誰にも気づかれずに「孤独死」という可能性もあります。

こうした厳しい現実を思い知らされるとき、絶望してしまうのです。

絶望や不安を解消する友人の存在

絶望を乗り越えるために、欠かせないのが信頼できる友人です。

何でも話せる友人は、孤独を和らげてくれます。
また「家族」がいなくなった後、頼りになる友人はとても大切な存在です。
既婚者でもよいのですが同じように独身の友人であれば、不安を共有でき、お互いに助け合うことができます。

絶望や不安を解消する将来への備え

老後や、イザという時に困窮しないために、
目標額を決めて貯蓄を始める個人年金に入る等、保険を見直すなど、
マネープランを立てることで経済的な不安を取り除くことができます。

きちんとした計画が絶望を解消する手助けに

独身でいることは、自由もある反面、厳しい現実も待ち受けています。
不安になったり、絶望を感じることは、避けられないでしょう。

ですが、将来への備えや支えてくれる人の大切さを認識し、
マネープランを立てたり、周囲との関係をより強くしていくことで、絶望を乗り越えていけるのではないでしょうか。

独身でいることに絶望や虚無感を感じる時に解消するためのコツに関連する記事

Copyright(c) 2014独身女性の人生設計 All Rights Reserved.