一人暮らしにおける冷蔵庫の選び方のポイント

一人暮らしの方にとって冷蔵庫は必須かと思います。
今回はそんな冷蔵庫の選び方についてご紹介します。


料理をするスタイルで容量を決める

一人暮らしでも毎日料理をする人・趣味が料理の人は、
大容量400リットル冷蔵庫がいいでしょう。

一般家庭用といわれる冷蔵庫で食生活が楽しくなります。
また、たまに自炊する人は120リットル程度でいいでしょう。

ほとんど料理をせず外食かお惣菜派の人は、
冷蔵庫のみのミニ冷蔵庫でも十分でしょう。

ですが気まぐれに料理をしたときのためにでも、120リットルはほしいところです。

棚や引き出しをチェック

冷凍庫に食品を入れておくとき、ある程度深さのある冷凍庫の場合重ね置きになってしまい、
食品をいためてしまいがちです。

その点、棚や引き出しがついているタイプの冷蔵庫を選ぶと、
保存したときに崩れず便利です。
また冷凍庫の中が区分けできるものにするといいでしょう。

冷蔵庫の左右のドアの開き方を確認

設置場所によって、ドアが左右どちらにひらくかで
調理時の利便性に大きく関わってきます。

冷蔵庫には、右がスタンダードなどというのはないからです。
どちらにも開けるタイプがあります。

ねじをはずして固定し左右の開きを決定するタイプの冷蔵庫を選べば、
調理時の移動によるストレスはなくなるでしょう。

冷蔵庫の高さで選ぶ

一般的な冷蔵庫は上に電子レンジ等をのせることができます。

あまりに背の高い冷蔵庫を選んでしまうと、
上に電子レンジをのせたいと思った場合に手が届かなくなるという恐れがあります。

電子レンジを載せても大丈夫な高さかどうかを確認してから購入してください。
また天板が耐熱使用になっているかどうかもあわせて確認してみてください。

消費電力で選ぶ

冷蔵庫は一日中稼動しており、日中だけ切るという使い方はできません。

ですので消費電力が大きくものをいいます。
特に一人暮らしの方にとって光熱費は大きな負担です。

冷蔵庫自身は安いもののほうがよいですが、高価な冷蔵庫のほうが消費電力が安く結果として節電になるということもありえます。
将来的な電気代まで含めた選び方で、選んでみてください。

一人暮らしにおける冷蔵庫の選び方のポイントに関連する記事

Copyright(c) 2014独身女性の人生設計 All Rights Reserved.