彼氏に自分が作った料理にケチを付けられた時の心の落ち着け方

彼から怒られた、料理の味にケチをつけられた。
そんな時にも取り乱さず、自分と向き合うことで彼を許せたらいいですよね。

今回はそんな彼氏に料理を作った時にケチつけられた時の心の静め方についてご紹介します。


料理にケチをつけられた悲しい気持ちを捨てる

彼からせっかく作った料理にケチを付けられたら、
悲しかったり辛かったりします。

確かに、怒られたり文句を言われるのは気持ちの良いものではありません。
でも、あなたの心はあなたがどういう状態でいるかを選べます。

ポイントは悲しい気持ち辛い気持ちも捨て、平常心でいられるように心に指示することです。

怒りや悲しみの心の動揺は他人のすることやコントロールできない状態のせいだと思いがちですが、
それを感じている自分を制御すること、嫌な気持ちから切り替えてしまい、安らぎを得ることができるのです。

ヨガをして心を落ち着かせる

ヨガの呼吸法で1:2の呼吸というのがあります。

不安やストレス、怒りなどのネガティブな感情は、
呼吸が浅くなっています。

すると、副交感神経の働きが下がり
平常心を失い、血流が滞り、良くないとされています。

吐く息を吸う息の2倍の長さにするのが大事で、
ヨガではこれにポーズや腹式呼吸を足しますが、まずは2秒吸って4秒吐く、
4秒吸って8秒吐くなど、とにかく2倍の長さ吐くことを意識してください。

女性は何かをしながらほかのことを考えられる脳構造を持ちます。

ふとした時に思い出し、嫌な気持になったときにも有効です。

夜に散歩をして気分を変える

副交感神経を刺激するという意味では夜間の散歩もおススメです。

この時期は花々も夜はしっとりと匂い立ちます。
夜気と自然、それから歩くリズムで副交感神経を刺激すると良い睡眠が得られます。

良い睡眠は高い交感神経をもたらし、朝から活動的にポジティブに動けるというデータがあります。

平常心は副交感神経を刺激することで保ちやすくなるので、
呼吸と散歩などで普段から交感神経と副交感神経が切り替わる時を自覚しやすいようにしましょう。

タグ: ,

彼氏に自分が作った料理にケチを付けられた時の心の落ち着け方に関連する記事

Copyright(c) 2012独身女性の人生設計 All Rights Reserved.