一人暮らしの女の子必見!すぐに実行できる防犯対策で安心生活を

治安の良い日本でも、女性の一人暮らしには危険が付きまといます。

「自分は大丈夫だろう」と、何の根拠もなく無防備でいると、危険な目に合ってしまうかもしれません。

今回は、一人暮らしの女性が、手軽にできる防犯対策をご紹介いたします。

空き巣を防ぐための防犯対策

空き巣の侵入経路は窓や玄関です。

窓には窓用補助錠を、玄関ドアにはサムターン防止カバーや玄関用の補助錠などを付けることで空き巣の侵入に時間がかかり、被害を減らすことができます。

賃貸の部屋にも取り付け可能なものが多く販売されていますので、検討してみましょう。

また、花柄や明るい色など女性とわかるカーテンや、薄手の光が漏れるカーテンは避ける、洗濯物を干す際は、ベランダの作より低いい位置や、部屋の中に干すなど、女性の一人暮らしだと悟られないよう注意しましょう。

旅行や帰省で長期間留守にする場合は、郵便局や新聞販売店に連絡して、配達を止めてもらいましょう。

強盗を防ぐための防犯対策

インターホンが鳴っても、簡単にドアを開けてはいけません。配達業者などを装った強盗、強姦の可能性があります。

来客や宅配便の予定がない場合は居留守を使うとよいでしょう。

宅配を受け取る場合も必ずモニターやドアスコープで相手と用件を確認し、チェーンはつけたまま対応するようにしましょう。持ち運べる大きさの荷物ならば、コンビニ受け取りにするというのもひとつの手です。

帰宅時の注意点

外出先から帰宅する際、特に夜間注意が必要です。

オートロックのエントランスでも油断は禁物。住人がオートロックを開けた隙に、不審者がマンション内に侵入することもあります。エントランスに入る前に、不審な人がいないかどうか確認しましょう。

エレベーターは見知らぬ男性と二人きりになりそうだったら、一旦見送るのが賢明です。家のドアを開ける前にも必ず後ろを振り返り、不審者がいないか確認し、入ったらすぐに鍵をしめましょう。

日頃から防犯意識を

他にも、防犯ブザーを持ち歩いたり、SNSに個人が特定されるような情報は載せないなど、日頃から高い防犯意識を持つことが、犯罪被害を防ぐためには重要なことです。

一人暮らしの女の子必見!すぐに実行できる防犯対策で安心生活をに関連する記事

Copyright(c) 2012独身女性の人生設計 All Rights Reserved.