バツイチ、子持ちの女性が再婚をするためのポイント

バツイチ、子持ちの女性は再婚となると
「また失敗してしまったら」「子供は受け入れてくれるだろうか」と、考えるべきことはたくさんあります。

子供にとっても、あなたにとっても幸せな結婚となるように
再婚についてよく考えてみましょう。

バツイチ、子持ちでもOKな結婚観の相手を見つける

バツイチであったり子供がいたりということが、唐突に発覚すると少し引いてしまう人も多いでしょう。

しかしすべての人がそれを受け入れられないか?というと、そうとは限りません。

バツイチでも子持ちでも全く気にしないという人も少なからずいます。

バツイチであること、子供の存在を最初から話した上で、受け入れてくれる相手を探しましょう。

また「付き合ってる女性に子供がいると、両親に話をしてほしい」と頼んでみたときの相手の反応で、相手の真意、覚悟を知ることができます。

「え・・それは、ちょっと・・・」とごまかす男性では、交際は良くても、再婚へは結び付きません。

子供の気持ちを考える

子供がいる場合、まず考えたいのが子供の気持ちです。
子供にとって「新しいお父さんができる」ことを理解し、受け入れるのは難しいことです。

子供がまだ幼い場合は、自然と打ち解けて家族らしい雰囲気が持てることもありますが、物事の理解ができる年齢になると、親の再婚に反発を抱くケースも少なくありません。

離婚という大人の都合で、苗字や住所、生活環境が変わるといった大きな変化を受けた子供が、再婚にあたっても、再び大変な変化を受け入れなければなりません。子供に更なる不安・負担を与えないことを第一に、考えましょう。

子供が嫌がる相手とは、再婚してはいけません。

まずは、短い時間一緒に過ごす、次に一日一緒に遊びに行く、1度泊まりに来てもらう、週に一度泊まりに来てもらうといったように段階を踏んで時間をかけて、
子供と相手の様子を観察してください。

別れた相手への配慮をする

再婚ということになった場合、元夫と子供がどう接していくのか?ということも大切なポイントになります。

別れたとはいえ、子供にとっては父親です。

面接の条件や養育費の問題を再婚に踏み切る前に、
子供の意向もふまえて再婚相手、元夫双方と話し合っておくとよいでしょう。

さいごに

子連れでの再婚は障害もたくさんあります。

つらい思いをすることもあるでしょう。ですが、新たな家庭で子供とともに、新たな幸せを手にしている人もたくさんいます。
きっと、あなたにもそのチャンスはあるはずです。

タグ: ,

バツイチ、子持ちの女性が再婚をするためのポイントに関連する記事

Copyright(c) 2014独身女性の人生設計 All Rights Reserved.