結婚せず独身でいることは恥ずかしい?偏見に負けずに生きていく

「結婚しないの?」「早く結婚した方がいいよ」といった周囲からの結婚へのプレッシャーは、独身女性ならば誰しも受けたことはあるでしょう。

時には「いい歳して独身なんて恥ずかしい」などときつい言葉を言われてしまうこともあるかと思います。
独身女性自ら結婚していないことを恥ずかしいと感じ、悩んでいる人もいます。
では独身でいるのは恥ずかしいことなのでしょうか。


結婚して初めて一人前という風潮

「結婚して一人前」という言葉があるように
一般的には結婚し社会的責任を負うことで、社会から一人前と認知され信用される傾向にあります。

ローンや賃貸物件の審査でも、独身者には不利なことからも独身者は社会的に信用度が低くなってしまいがちです。

親や親戚、上司など、比較的高い年齢層の人は、「いい歳」と呼ばれる年齢になってもなお、
社会的に半人前である状態を「恥」だと考え結婚をせかすような発言をすることが多いのが現状です。

結婚したくてもできないことが恥ずかしく感じてしまう女性も

結婚願望がありながら結婚に至らない人が、
結婚できない自分自身を恥ずかしく感じてしまうこともあります。

特に周りの友人たちや年下の同僚たちがどんどん結婚していく状況になると
「なぜ自分だけが…」と恥ずかしくなることが多いようです。

イタイ女だと言う相手の本当の気持ち

婚活の成果がなかなか出ない女性に対して、「イタイ女だ」「恥ずかしい」などと、
心無い意見を言う人もいます。

ですが、そういった人たちは「独身」であることそのものを「恥」と言っているのではなく、
自分の事を棚に上げて相手に高すぎる条件を求めていたり、
言い訳ばかりを並べて、自分磨きや結婚への努力を怠るなど、
結婚できない要因に対して「恥」だといっている場合が多いです。

独身は恥ではない

「独身」でいることは、もちろん「恥」でも「悪」でもありません。
自分自身が、独身であることを恥ずかしく思う必要はないのです。

ですが、周囲に「半人前」だと思わせないよう、
仕事への取り組み方や、冠婚葬祭でのマナーなど、しっかりとした大人の振る舞いが必要です。
また、「イタイ女」にならないよう、自分自身を見つめなおし、努力していくことも大切です。

タグ:

結婚せず独身でいることは恥ずかしい?偏見に負けずに生きていくに関連する記事

Copyright(c) 2014独身女性の人生設計 All Rights Reserved.