未婚で出産をすることのデメリットをまとめてみた

安藤美姫さんが未婚で出産し、大きな話題となりました。
こうした未婚で出産をするということは非常にデリケートな話だったりします。
とはいえきちんと考えないといけない問題でもあるものです。

今回はそうした未婚で出産した場合のデメリットについてまとめてみました。


戸籍上、非嫡出子となる

未婚で出産すると、婚姻関係にない男女間で生まれた子供という意味の
非嫡出子と戸籍に載ることとなります。

そして仮に出産後相手(子供の父親)と結婚した場合でも、
戸籍には養子と載ってしまいます。

婚姻した男女の間に生まれた子供とは違うということが、
生まれた時点で戸籍上は記載されることになります。

未婚である以上、たとえ相手が認知してくれたとしても
非摘出子として戸籍には載ってしまいます。

書類上の区別とはいえ、相続の時には認知されていれば相続権はありますが、
嫡出子の半分とされています。

経済的な支援を受けにくい

経済的な問題も大きくあります。
未婚で出産するということは、ひとりで子供を育てるということです。

子育てにはお金がかかりますが、その費用をすべて自分で負担しなければなりません。
これは簡単なことではありません。

仮に、相手から養育費をもらうことができたとしても、
やはり経済的な問題はクリアしたとはいえないでしょう。

予想しないお金がかかることが考えられるからです。
また周囲も未婚で出産をしたということについてよく思わない方も多く
経済的な支援を受けにくくなるということも考えられます

未婚お出産はきちんとした覚悟を

シングルで子供を育てるということは、厳しい経済環境化で子供を育てることになります。

未婚で出産し育てていくという場合にはそうしたことをきちんと覚悟していく必要があります。

タグ:

未婚で出産をすることのデメリットをまとめてみたに関連する記事

Copyright(c) 2014独身女性の人生設計 All Rights Reserved.