独身女性に死亡保障は必要ない?意外と知らない独り身の死後のお金について

保険ショップで働いている方に聞いてよくある話として
独身女性に死亡保障の目的で終身保険を提案すると、
「海に撒いてくれれば良いのでお葬式代やお墓代は必要ないです。」といったような返事をされる方が多いそうです。

確かに最近ではお葬式費用を抑えた家族葬やお墓費用を抑えた散骨などが流行っています。
お葬式代やお墓の費用は本当に掛からないのでしょうか?
本当に死亡保障はいらないのでしょうか?

今回はそんな独身女性の死亡保障について考えたいと思います。


独身女性の死亡保険の必要性

独身女性にもし万が一のことがあった場合、残された家族のための保障は確かに必要ないかもしれません。

しかし、1つ想像してみてください。
もし、長期入院した後亡くなった場合、入院費用、携帯代、買い物や車のローン、1人暮らししていた場合は、
住居費用や引越し費用が掛かります。

ご両親が払ってくれるから大丈夫とおっしゃる方もいらっしゃいますが、ご両親もいつまでも長生きするとは限りませんし、ご両親が払えない場合もあります。

自分が亡くなった場合の死後の整理をするお金の準備はされていますか?
いつ訪れるか分からない万が一の備えとして、死亡保険は必要ではないでしょうか?

ご家族に迷惑を掛けないという意味で、貯蓄がないという場合には最低限の死亡保障は必要になってくることがあります。

実は意外と費用がかかる家族葬や散骨

最近お葬式代を抑えた家族葬やお墓の費用を抑えた散骨などといった供養の仕方がよくテレビで放送されています。

実は家族葬といっても費用はかなり掛かります。
100万円くらいは掛かるケースも珍しくありません。
たとえ直葬でも、15~20万円くらいはかかってきます。
それにお墓代を含めると、100~200万円は最低掛かるでしょう。

おそらく皆さんが想像している以上に、万が一の時の費用は掛かります。

もちろん、ご家族がお葬式代などを払ってくれますが、決して安い金額ではありません。

ご家族の方に迷惑をかけない為にもご自身の死亡保障を最低でも200万円~500万円ほど準備されておく必要があるのではないかと思います。

若いうちに死亡保障の準備を

保険料は基本若ければ若いほど安い傾向nいあります。

某保険会社で死亡保障500万、保険料払込期間65歳で試算したところ、加入年齢25歳5980円、30歳7080円、35歳8585円でした。

独身で過ごすからと死亡保障がいらないと思っていた方、もう一度死亡保障の必要性を検討してみてはいかがでしょうか。

独身女性に死亡保障は必要ない?意外と知らない独り身の死後のお金についてに関連する記事

Copyright(c) 2014独身女性の人生設計 All Rights Reserved.