20代独身女性の平均年収っていくら?そして収入アップする為のポイントは転職と残業代?

今回はお金の話です。
20代独身女性の平均年収と、収入がアップする方法についてご紹介します。


20代女性の平均収入は258万円

国税庁の「民間給与実態統計調査」を参考にしてみましょう。

20代前半女性の平均給与は224万円、20代後半女性の平均給与は292万円で、
平均すると258万円となります。

男女でみてみると、男性のほうが多くなります。
女性はどうしても非正規で働く人が多く、平気給与は下がりがちです。

20代独身女性の収入アップの方法は?

20代独身女性の収入アップの方法については、いくつかあります。
まず考えられることは転職、残業などです。ここではそれぞれの方法についてみていきましょう。

転職をする

収入を増やす方法としてまず考えられるのは、転職です。

転職には、自分で転職先を見つける方法と、エージェントに登録して、エージェントに転職先を見つけてきてもらう方法があります。

自分で見つける方法はリクナビNEXT、女性の場合はとらばーゆなどのサイトからエントリーして、
自分で面接日をセッティングして、転職先を見つけましょう。

エージェントを使う場合は、転職エージェントに登録します。
転職エージェント自体は利用は無料です。
有名なエージェントとしてはリクルートエージェントやDODAなどがあります。

利用料が無料なのは、エージェントはクライアント企業に内定が決まった場合、
転職後3ヶ月経った後、年収の何割かをバックしてもらうという仕組みなので、
キャンディデート(あなた)には負担が発生しないという仕組みになっています。

平たく言えば利用無料で転職まで面倒見てもらえますので、積極的に利用しましょう。

ただし、転職は、秘密裏に行わなくてはなりません。

今の会社にばれるリスクがあるため
会社のメールアドレスで新しい会社やエージェントとやりとりするのは避けましょう。

残業をして残業代を稼ぐ

てっとりばやく収入を増やす方法として、
今の会社で残業するという手があります。

この場合、当たり前ですが残業手当が支給される会社に勤めているということが条件となります。

こういった残業は生活残業と呼ばれて一般的に嫌がられますが、
無理のない理由の範囲内、また常識の範囲内で残業することで、
収入をアップすることができます。

うまくいけばキャリアアップにもつながりますので、
一度、今の仕事のやり方を見直してみるとともに、残業をするというスタイルを取り入れてみてはいかがでしょう。

タグ:

20代独身女性の平均年収っていくら?そして収入アップする為のポイントは転職と残業代?に関連する記事

Copyright(c) 2014独身女性の人生設計 All Rights Reserved.