未婚のシングルマザーになった時の心得

近年日本では未婚のまま子供を産み、シングルマザーとなる女性が増加していると言います。
とはいえ、現状の社会では未婚のシングルマザーとして生きていくことは大変なことです。

ここではもし未婚の母となった時の心得について知っていただければと思います。


子供に父親がいないことによる寂しさを思わせないタフさを

一人で子供を育てるという事は、最も頼れる人に頼れないという事です。

母としての務めそして父としての務めも時にしなければなりません。
お子さんも大きくなるにつれて何故自分にはお父さんがいないの?と問われる事もあると思います。

両親が揃った周りの友達を見て羨ましくなって寂しい思いをさせたり、
また反抗的な態度を取られる事も覚悟しなければなりません。

そんな子供の気持ちをしっかりと理解して、受け止める広い心と強さが何よりも大切です。
子供にとってはお母さんだけが家族であり、
またお母さんにとっても子供だけが家族です。

シングルマザーの道は険しいからこそ「母は強し」の精神で、タフになることが大切です。

適度な息抜きも大切

一人で子供を育てていかなければならないと言う強いプレッシャーは、精神も体力も疲労させます。

つい頑張りすぎてしまう未婚のお母さんもたまにはゆっくりすることも大切です。
蓄積したストレスがいつか爆発して、何をする気にもなれなくなり病気になってしまう前に
適度にリラックスする状態を作ることが大切です。

一人の時間を持つ

子供と離れて自分だけの時間を持つことも息抜きになります。

それには両親や親しい友人、市の保育所などに預かってもらう必要があります。
そうした人に頼る事もこれから一人で子供を育てていく上で大切な強さの一つです。

子供と離れ、自分の時間を持つ事で、子供の存在や子供と過ごす時間の大切さを改めて知ることにもなります。

また趣味や娯楽・習い事も息抜きにはお勧めです。
自分の好きな事をしているとストレスも自然と和らいでいきます。

習い事などは今後の人生にも良い影響を及ぼす事があります。
また映画・音楽を鑑賞するだけでも十分リフレッシュできます。
まずは「自分の休日」をしっかりと持つ事です。

同じ境遇の未婚のママ友をつくる

同じ様な境遇で子供を持つママさんと交流を持ち、
育児で疲れているママさんがいれば励ましたり、また励まされたりと育児から少しの間解放され、リフレッシュすることがあります。

育児について様々な情報を得たり、いろいろな相談に乗ってくれたり
アドバイスをしてくれたりする相手がいるだけで、心強くなります。

さいごに

人は誰しも一人では生きてはいけません。

子供にはお父さん、お母さんが必要な事もあります。
しかしすべての子供にとってそれが良いということも言い切れません。

お母さんだけでもお父さんだけでも或いは、赤の他人であってもちゃんと家族になれます。
大切なのは愛があるかどうかです。

愛されていると知った子供は、他人をちゃんと愛せる人になれるでしょう。
シングルママさんの子供には特に大きな深い愛が必要です。

子供はいつかその深い愛と優しさをお母さんに返してくれるようになります。
周囲にも頼りながら、それまで頑張っていきましょう。

未婚のシングルマザーになった時の心得に関連する記事

Copyright(c) 2014独身女性の人生設計 All Rights Reserved.