浅田真央に学ぶ独身女性の恋愛と生き方

ソチオリンピックでメダルが期待されるフィギュアスケートの浅田真央さん。

彼女も気づけばもう23歳。
結婚をしていてもおかしくない年齢になってきました。
しかし彼女といえば恋愛スキャンダルも全く見られずにスケートの技術を磨いている印象です。

何故彼女はこう頑張っていけるのか、独身女性の生き方という点でモデルロールになりそうでしたので注目してみました。


1.恋愛はフィギュアでは必要なこと、と言いつつも実際には見せない

フィギュアで更に磨きをかけるには「恋をしろ」と言われたということをエピソードとして語ることもある浅田真央さん。

自らの仕事において恋が必要であるということをきっぱりと言いつつも、実際にはそのような気配を見せません。

このギャップを見せることによって「恋愛に対してあまり経験がないんだな」と周囲に感じ取らせることができています。

これが狙ってなのか、天然でなのかは分かりませんが
恋についてある程度意見を言いつつも実際にはその素振りを見せないということは更に男性からモテるようになるコツだったりします。

2.「最高の演技」「集大成を見せたい」などと自らを追い込む発言をする

世界のトップで活躍していくアスリートがよくやる手法ですが、マスコミに対しての発言の中であえて強気な言葉を選ぶことによって自分にプレッシャーを与えて結果を出さなくてはいけない状況に自らを追い込む様子が見られます。

こうしたスタイルは女性だからといって甘やかされるような環境でない中で結果を出していくために身に着けたスキルかと思われます。

自分で自分を追い込むことにより成果を出すという点ではストイックに生きていく独身女性の見本になりそうです。

タグ:

浅田真央に学ぶ独身女性の恋愛と生き方に関連する記事

Copyright(c) 2014独身女性の人生設計 All Rights Reserved.