正社員が難しい派遣社員、パートタイマーの独身女性は支出を抑えることが大切

独身女性が老後に備えておくべき事は様々あると思います。
その中でもまず思うのはお金の問題です。


正社員になれない場合は、支出を抑えることが重要

今現在正社員として仕事についている方は、
企業年金や個人年金などを充実させる事で、
ある程度解消できるかもしれません。

しかし派遣社員やパートタイマーとして働いている場合、
老後のお金は年金だけではカバーできない場合が多くなります。

まだ転職できる年齢の方なら、正社員として雇用してくれる所を探すのがベストだと思いますが、
ある程度の年齢になっている人は、
資格などを取ったりして、
仕事を途絶えさせないように努力することが必要となってきます。

またどうしても収入が増えないのならば、
支出を抑える事が必要になります。

年をを取ってから1万円分働くのと、
若いうちに1万円分働くための労働力の差は歴然です。

そのため若い内に蓄えておくということが重要になってきます。

住居にかかる費用を抑える

今住んでいる家が賃貸ならば、
もう少し家賃を控えた所に替えてその分を貯蓄していくという努力も必要となるでしょう。

すでに持ち家がある場合は、
自分の収入に見合ったローンの価格設定が出来ているのか見なおす事も必要になります。

また、自宅に家族と住んでいる人は、
そのままそこに住む続けられるのかを考えておかなければなりません。

もし、相続が発生した場合、自宅を相続すべき相続人が自分以外にいる場合、
その家を処分しないといけなくなる場合もありますので、
その場合、そこに住むのかも考えないといけません。

いずれにせよ、経済的に自立していないと、
新しい家に移るにも身動きが取れないという事になります。

親族に迷惑をかけることなく、スマートに生活できる基盤を作っておくべきです。

40代独身女性の場合

もし40代の方の場合
まだまだ大丈夫だと思わないで、すぐにでも対策をする必要があります。

独居老人がこれから増え続けていくと言われています。
独身でなくてもこのパターンになってしまう方が増えていますので、
今既に独身の40代の女性は、出来るだけ早く老後の生活を確立できるような対策を具体的に始めると良いでしょう。

正社員が難しい派遣社員、パートタイマーの独身女性は支出を抑えることが大切に関連する記事

Copyright(c) 2014独身女性の人生設計 All Rights Reserved.