生涯独身の女性はどう生きるべきか

老人の手
30,40,50と過ぎ生涯独身を決めた女性。
そうした時どのように生きるべきか考える必要があります。
結婚していないことによるメリット、デメリットについてここでご紹介します。


老後の資金をきちんと蓄えておく

60歳を越えてからの老後。このとききちんと過ごせるようにするために
資金を蓄えておく必要があります。

一般的に老後の資金は2,000万円程必要だと言われています。

そこでまずは60歳までに2,000万円を貯めることを1つの目標にしましょう。
例えば現在40歳であれば1年で100万円程になります。
2,000万円というと凄い金額ですが1年ごとに落とし込むと現実的な数字になっていきます。

2.同じ独身女性の仲間を見つける

独身女性の仲間が他にいると、自分と同じ境遇であるために色々と情報を交換しあうことができます。これが相手が結婚をしている人だと、何かと話が合わなかったり引け目を感じてしまうことなどもありますのでできるだけ同じような環境や年収の人といると良い知恵が生まれて来ます。

寂しい時や何か人に言いたいことなどがあった時に気軽に話しかけられるような存在がいると独身人生におけるデメリットの部分が大分解消されるようになりますよ。

3.土地や保険を独身女性用のものにする

最近は女性の社会進出が進んだこともあり、女性専用の保険や不動産購入プランなどもあります。
やはり独身女性は年収の面や信頼性といった観点で審査面において比較されることがあります。

そこでこうした女性専用のプランを利用することにより、ある程度そのデメリットを無くすことができます。

4.生涯独身女性のメリットは何と言っても自由なこと

これまで独身女性のデメリットを解消するためのことを書いていきましたが
もちろん大きなメリットはあります。
それは何と言っても自由なことです。
夫婦になるとやはりケンカをしたり、生活や子供の面で大変な苦労があります。部屋でだらっとしてると怒られることもあります。

独身女性の場合、そうした夫や子供に対する苦労がなく自由に生活を送ることができます。これはとても大きなメリットになります。

ということで生涯独身女性としてのメリット、そしてデメリットを解消することについてご紹介しました。自らの人生を決めた強い意志で人生をハッピーにしていきましょう。

生涯独身の女性はどう生きるべきかに関連する記事

Copyright(c) 2014独身女性の人生設計 All Rights Reserved.