老後の寂しさを克服することが独身女性の老後には重要

男女雇用機会均等法が施行されて以来、
女性の社会進出はめざましいものがあります。

それに伴い結婚よりも仕事に生きる道を選ぶ女性が増えてきました。

自由な時間を謳歌し、やり甲斐のある仕事に就き金銭的にも自立出来るだけの収入を得ている女性は、
昔の女性ほど結婚に憧れる事は無くなってきたように感じられます。

しかし独身女性が生活をしていくためにはもちろん
その分の資金を自分で稼いでいく必要があります。

老後は2,000万円必要

独身女性は老後に2,000万円の貯金が必要という様に
60歳からの老後を考えると2,000万円は必要となってきます。

これだけの金額を蓄えておくことは
やはり独身女性にとって中々に高いハードルとなります。

寂しさを克服する

費用の面がクリア出来たとしても
一人で過ごす老後は寂しさを感じる事も多いため、友人を沢山作ったり、趣味もいくつか持っていることが重要になります。

また健康面の不安もあると思いますので、
お金に余裕があれば、マンションタイプの有料老人ホームに入るのも一つの方法です。

最近では介護がついていたりお医者さんと提携していたりと充実したシステムのものも増えてきており、同じ境遇の友人も出来たりします。

一人ではないと思うことが老後の不安を軽減してくれますし、
安心して趣味に打ち込めれば独身で迎える老後も決して悪いものではないといえそうです。

最近の60才代の方達はバイタリティーにあふれ、
生き生きと毎日を過ごしている方が沢山いらっしゃいます。

「老後」という言葉は意識せず、いままでの生活の延長に過ぎないのですから
それまで仕事ばかりで出来なかった事にチャレンジしてみるのも一つの方法です。

老後の寂しさを克服することが独身女性の老後には重要に関連する記事

Copyright(c) 2014独身女性の人生設計 All Rights Reserved.