30代女性が独身老後のために今すぐはじめたい3つのこと

30代女性にとっては、「まだまだ老後は遠いもの」というイメージがあるかもしれません。

けれども今現在結婚をしておらず、
これから先ももしかしたら結婚しないかもしれない、
と薄々考えている女性にとっては独身で迎える老後について考えはじめるべきベストな年代。

晩婚化が進んでいる今、まだまだ独身では終わらない可能性もある30代は
どちらの道でも楽しく生きられるよう準備をしておくべきです。


1.少しずつでも貯蓄をはじめる

額は低くても構わないので、
月々給与の中から「老後までは手をつけない」と決めた貯蓄をしましょう。

もし老後を迎える前に持ち家を購入したいという希望のある方は、
老後用とは別に家購入用の貯蓄をします。

目的の定まっていない貯蓄はすぐに取り崩してしまいがち。
◯◯のために、ということをはっきりさせるのがポイントです。

2.英語の勉強をする

英語が堪能な方はさらに磨くか他の言語にチャレンジするのもいいでしょう。

これからの老後は日本で迎えるとは限りません。
選択肢を広げるためには早めに英語を習得して、
もっと若い小学校から英語を勉強してくる世代と遜色ないようにしておいたほうが安心です。

3.自分の老後とともに親の老後を考える

本当は話し合うのがベターですが、
ご両親としてはいきなり自分たちの老後の話をされるのは気分の良いものではないかもしれません。

また、まだあなたが結婚すると望んでいるケースもあると思いますので、
さりげなく今後の意向をきいておき、あなたも自分の考えをまとめておくとよいでしょう。

親が高齢になったのをきっかけに同居に戻ったり、
親と共同名義で家を購入したりする独身女性は少なくありません。

これは兄弟姉妹にもいえますが、
独身で老後を迎える場合には親族との関係が良いにこしたことはありません。

今現在関係があまりよくないとしても、
30代ならまだやり直す時間はあります。

適度にコミュニケーションをとって、
お互いの老後について話せるくらいの仲になっておきましょう。

30代女性が独身老後のために今すぐはじめたい3つのことに関連する記事

Copyright(c) 2014独身女性の人生設計 All Rights Reserved.