電気毛布が一人暮らしの女性にとってエアコンよりもイケてる理由

寒い冬の時期。エアコンは電気代がかかるし、ファンヒーターも灯油代がかかるし給油が面倒。

そんなことを考える方におすすめなのが電気毛布です。

光熱費の節約になる

6畳用のエアコンの消費電力は約500Wなのに対して、電気毛布はたったの60Wになります。

一人ならば、部屋全体を暖める必要などありません。

自分さえ暖かければ良いのですから、電気毛布にくるまっていればよいのです。

延長コードを付けていれば、くるまったまま移動もできますね。ただし、コンセントが絡まらないように注意してくださいね。

電気毛布だと空気が乾燥しない

エアコンだと、どうしても空気が乾燥してしまいます。

女性は特に乾燥が気になりますから、加湿器を付けるという方も多いのではないでしょうか?

でもエアコンつけて、加湿器つけて…って無駄ですよね。電気毛布なら、加湿器がいらなくなるのです。

すぐに温まる

エアコンだと、部屋全体が温まるまで時間がかかりますし、頭は暑いのに足元はいつまでたっても寒いままなんてこともあります。

ですが電気毛布はスイッチを入れればすぐに温まりますし、暖めたい部分を重点的に暖めることも可能です。また、スイッチを切ってもしばらくは温かさが持続します。

電気毛布だと布団が温かい

せっかくお風呂で体を温めても、寝るときに布団が冷たいと嫌ですよね。

電気毛布を使って布団を温めておけば、快適に眠りにつくことができます。ただし、布団を㋐たたえるだけの使用にしてください。電気毛布のスイッチを入れたまま眠ると、低温やけどを起こす恐れがあります。

電気毛布の注意点

いいことづくめのようですが、使い方によっては「低温やけど」を起こす危険性もあります。

痛みなどの自覚症状を伴わないで発症することもありますので注意が必要です。
低温やけどを防ぐために、直接肌にあてない、長時間の使用は控える、就寝時には使用しない、といったことを守ってください。

電気毛布が一人暮らしの女性にとってエアコンよりもイケてる理由に関連する記事

Copyright(c) 2014独身女性の人生設計 All Rights Reserved.