30代独身女性の2つのタイプと、決断の時期

子供の頃、漠然と自分が結婚する年齢を決めていたという女性は少なくありません。
しかし現実は難しいもので、なかなかその時の理想のような状態にはならないこともしばしばです。

20代の頃は、友達同士で自分の結婚観を語り合ったりすることも多いものですが、
30代に入ると同じ独身友達同士ではそういった会話をしても、
結婚して既婚者となった友達とは見えない溝のようなものができ話が合わなくなってくることがあります。

そこで、既婚者となった友達を心から羨ましいと感じる人は、
婚活に励み自分も結婚したいと願います。

一方30代に入って仕事上でそれなりのキャリアが出来始めている女性は、
仕事にやり甲斐を感じ恋愛よりも仕事と割りきって仕事に邁進する人もいます。

同じ「独身」という、くくりは一緒ですが
結婚したくても、相手が見つからなくてできない人と結婚を望まない女性とで二極化してくるのです。


キャリアを積む女性と、生きていくために仕事をする女性

特に仕事でキャリアを形成できている女性に
後者の結婚を望まないケースが多いです。

自分の手でしっかりとお金、仕事上の立場を得ることができているので、
男性に頼らなくても生きていけるという自信があるのです。

前者の結婚したくても相手が見つからなくて、できない女性は
昔よく言われた「腰掛けOL」のような仕事を続けている人が多い傾向にあります。

長く続けても、総合職のように
キャリアが形成される職種ではない場合が多いのです。

食べていけるだけの賃金をもらっていても、
老後のことを考えると心細い収入が結婚願望に拍車をかけているのです。

子供を産むのか産まないのかの決断を

一人で生きていけるだけのお金を稼ぐことが出来るから、
一人で良いと感じる女性でも
可愛い子どもを見たり、家族仲良く買い物している人達をみると葛藤するものです。

一度きりの人生、何が正解かは人それぞれ分かりませんが、
「20年後、30年後と先の将来を想像した時、今の状態を続けていける自信が持てますか?」

そう自分に問いかけてみてください。

結婚は40代でも50代でも、何歳になってもできます。
相手も今はいなくても20年、30年後にはできるかもしれません。

しかし女性として生まれたからには、
30代のうちに决めなくてはならないことがあります。

それは子供を産むか、産まないかということです。
最近では40代になってもお子さんを出産される方もいらっしゃいますが
まだ全体から見ると少数派です。

30代のうちに子供を産むのか産まないのかといったことは決断をしておくと良いでしょう。

30代独身女性の2つのタイプと、決断の時期に関連する記事

Copyright(c) 2014独身女性の人生設計 All Rights Reserved.