独身で無職な女性が今奮起してやるべき最初の一歩

独身で無職ま。理由は色々あるでしょうが、せっかくの時間を利用する手はありません。

しかし、実際にやりたいことがあって会社を辞めた人、会社が嫌で辞めた人、元々就職していなくて無職の人とでは無職時代の気持ちも違うと思います。

今回はそうした独身で無職な女性が奮起するためにまず考えていきたいことについてご紹介します。

辞めた時の気持ちを思い出す

資格の取得・留学・学校に通う・趣味に没頭するなどのために辞めた方もいれば、今までがむしゃらに仕事をしてきて、ふと思い、会社を辞めた人もいるでしょう。

それはその時に“仕事から離れて見る事が必要だ”、と思ったからではないでしょうか。

精神的に休憩が必要だったのかもしれません。
会社を辞めた事は、その時に自分に必要だから辞めたのであって、
後悔しても仕方の無い事。自分を責めることも間違っています。

時間に余裕がある中で当初のやりたかったことをやる

ただ、実際に無職になった時、何かをやろう!と思っても、
意外と何も真剣にできない事が多いのではないかと思います。

それはなぜでしょうか。
最も考えられることは「時間に余裕があるから」です。

“まだ大丈夫”や“先は長い”など感じてしまい結局何もやらないという状況になってしまいます。

やりたい事があって辞めた人は、それに向かって走るでしょう。
しかし、目的もなく、会社を辞めてしまうと、さてなにをやろうかとなってしまうのではないでしょうか。

今まで仕事しながら時間制限があって、“あれもやりたい”・“これもやりたい”と思っていた事があったはずです。
思い出す事があれば、それをやってみてはどうでしょうか。

無職で不安ならとりあえずハローワーク

無職で“この先どうしよう・・”という不安を抱えてしまっているなら、とにかくハローワークには行ってみましょう。
行動しなければ、結局何も見つけられません。

一度、仕事・社会から遠ざかってしまうと、復帰する事が怖くなったり、億劫になったりします。
また、復帰後の緊張やストレスも無職期間が長いほど精神的に堪えるでしょう。

そのため無職でいることに不安を思うならばまずはハローワークへ行きましょう。
現状を相談することができますし将来どういった職業につきたいかを再発見することができます。

外で新しいつながりを持つ

また時間があるからこそ新しいつながりを求めて外に出てみましょう。
今まで、会社と自宅の往復、会社の飲み会程度の行動範囲ではなく、自分で新しい世界を開拓するつもりで、新しい友人関係を作りましょう。

図書館に行き、本を借りて公園で読書。
料理教室に行き、新しい仲間を作る。

この友人関係で、思わぬ就職先や結婚相手などが見つかるかもしれません。

独身で無職というステータスはいわばとても自由な状態です。その自由さゆえに何をすればよいか悩む方も多いですが、一度初心に戻って自分が何をしたかったかを考えてみてはいかがでしょうか。

タグ: ,

独身で無職な女性が今奮起してやるべき最初の一歩に関連する記事

Copyright(c) 2014独身女性の人生設計 All Rights Reserved.