30代の独身女性が実家の親と仲良くする時に気をつけたいコツ

30歳を過ぎて独身でいると、親からの結婚や自立への風当たりが強くなってくることももあるでしょう。

親としては娘の将来の生活や結婚を懸念し、ついつい口に出したり態度に出たりするものです。そんな30代女性が両親とうまく折り合いをつけていくために気をつけるべきポイントをご紹介します。

実家暮らしの場合

実家暮らしをしている場合は、親と接する時間が長い分、親からの口出しの頻度も高くなりがちです。

親も娘の甘えた点が目に付いてしまいがちなのです。

積極的に家事をする、相応の生活資金を負担するなど、出来るだけ自立した大人として行動を示すこと、また、交際している男性がいる場合は、両親に話したり紹介しておくことで、親の懸念を軽くし、両親とのより良い関係を作っていくことができるでしょう。

また、帰宅が遅くなるときは起こさないように気を遣ったり、両親への気遣いの姿勢を見せることも必要です。

1人暮らしの場合

離れて暮らしていると、心配が増すのが親心。

毎日両親からの電話があったり、電話がつながらないと妙に心配して来たり。

心配性の親御さんには、間隔を決めて、こちらから連絡するようにしましょう。

こちらから元気に過ごしていることを伝えれば、
両親も安心するので、両親の方から頻繁に連絡する必要がなくなります。

また、定期的にコミュニケーションをとっておくことで、こちらも両親の様子を知ることができ、お互いに離れていても安心して暮らせるでしょう。

感謝の気持ちを伝える

離れていても、近くにいても、大切に育ててくれて、今でも心配して気にかけてくれるのが親。

そんな両親への感謝の心は持っていたいものです。

実家暮らしならば、何かしてもらった時、それを当たり前と思わずに「ありがとう」と言葉にして伝えてみましょう。

1人暮らしならば、誕生日や母の日、父の日などのイベント時に感謝の言葉をつたえてみてはいかがでしょう。

おわりに

30代は立派な大人です。

親に一方的に甘えるのではなく、自立し、時には親を気遣い、
親と持ちつ持たれつの関係性を築いていきましょう。

30代の独身女性が実家の親と仲良くする時に気をつけたいコツに関連する記事

Copyright(c) 2014独身女性の人生設計 All Rights Reserved.