30代からも高血圧になる!高血圧の定義と原因を知って今のうちに予防をしよう

医者の診察

高血圧というと、高齢者の悩み事というイメージを持つ人も多いかと思いますが、
30代でも高血圧になる人も、少なくありません。

あなたは最近血圧を測りましたか?

今回は高血圧について考えていきます。

高血圧の基準。どこからが高血圧?

日本高血圧学会のガイドラインによると、
最高血圧が130未満かつ最低血圧が85未満であれば正常値、
最高血圧130~139、最低血圧85~89の範囲を正常だが少し高めの正常高値血圧とし、
それ以上を高血圧としています。

高血圧が続くと血管や心臓に負担がかかり、
動脈硬化、心筋梗塞、脳卒中を引き起こす原因となります。

正常高値血圧の段階から、しっかり管理するほうがよいとされています。

高血圧の原因

高血圧は大きく2つのパターンに分けられます。

1つは遺伝因子とともに、環境因子が複雑にからみあっている本態性高血圧。

日本人の高血圧の大部分がこの本能性高血圧です。

2つ目は、はっきりと原因がわかる二次性高血圧(症候性高血圧)です。

若い人の高血圧は、二次性高血圧であることも多いです。
二次性高血圧は、検査で原因を突き止め適切な治療すれば治る可能性は高くなります。

医療機関で相談されることをお勧めします。

高血圧の治療

本態性高血圧の場合は、
程度に応じて降圧薬治療を行いますが薬だけでなく、
生活習慣の改善も併せて行っていく必要があります。

塩分を控える
適正体重を維持する
アルコールは適量に
適度な運動をする
禁煙
脂質(飽和脂肪酸やコレステロール)の摂取量を制限する
過度のストレスの減少
などの項目に気を付けていきましょう。

具体的な生活習慣改善の方法

生活習慣改善の具体例をご紹介します。

たとえば、塩分摂取量を減らすためには、
醤油やソースをかけて食べるのではなく、
つけて食べるようにしたり、麺類を食べるときに汁を飲まないようにしたりと、
小さなことの積み重ねが大切です。

また、カリウムを含む食品を多くとることで、
余分な塩分を排出する効果があります。

運動する際は、ウォーキングや軽いジョギング、
平らなところでのサイクリング、長い距離をゆっくり泳ぐといった、
有酸素運動を、継続して行うと効果があります。

さいごに

高血圧治療の生活改善は、
高血圧にならないための生活改善と同じです。

まだ、高血圧になっていないあなたも、
生活習慣に少し気を付けてみてはいかがでしょうか。

30代からも高血圧になる!高血圧の定義と原因を知って今のうちに予防をしように関連する記事

Copyright(c) 2014独身女性の人生設計 All Rights Reserved.