独身女性が保険を選ぶ時に注意をしておきたい4つのリスク

ピースする女性
いざという時の為に保険を検討する方も多いかと思います。
資料請求をしてみたり、ネットで調べてみたり、保険ショップで相談されたり等、保険の申し込み前に色々と勉強をしていることと思いますが、実際調べれば調べるほど、どんな保険に加入したらよいのか分からなくなっているのではないでしょうか?

資料を見比べれば見比べるほど、分からなくなっているのではないでしょうか?
なぜ保険が難しいのかというと、ご自身に必要な保険というのは、ライフステージによって変わってくるからです。

そこで今回は、独身女性が保険で人生のリスクを考えた場合、どのように保険を考え、選んで良いのかのポイントをまとめてみました。

そもそも保険って何?

人生には思いもよらないことが起こります。
しかし、何が起こるか予測できないのが人生というものです。
人生に起こりうる一般的なリスクは4つあります。
1.病気・怪我のリスク
2.老後のリスク
3.介護のリスク
4.万が一のリスク
これらの4つのリスクにかかる経済的リスクをカバーする方法が保険への加入になります。
病気・怪我のリスクだけに備えて保険に加入しても、その他のリスクをカバーすることはできないので、4つのリスクに対して保険をバランス良く持つ事が必要です。

4つのリスク

次に4つのリスクを具体的に見ていきます。

1.病気・怪我のリスク

病気や怪我になった場合、入院費や治療費が掛かります。
独身女性の場合、身近に家族がいない場合、入院中の洗濯はクリーニング屋に頼まないといけないといったように、業者にお金を払って頼まないといけない場合もあります。

また、ガンの場合、手術後転移や再発を防ぐために通院を5年間程しなければなりません。
ガンの場合、治療に専念するために職を失い、収入減というリスクがおきます。

2.老後のリスク

女性の平均寿命は86歳です。年を取れば、入院するリスクや寝たきりや介護状態になるリスクが高まります。また、平均寿命まで長生きした場合には、定年後25年間、年金のみの収入になります。

3.介護のリスク

介護というと、老後の話だと思われる方が多いですが、30代の方にも充分起こりうるリスクです。

例えば、脳梗塞や脳出血などになった場合、一命はとりとめたものの介護状態になる場合もあります。

介護状態になると、収入は激減しますし、介護費用も掛かるというリスクがおきます。

4.万が一のリスク

独身女性の場合、残された家族や子供の為に保険に加入する必要はありません。

死後整理費用、例えば病院で亡くなる場合には、病院代が掛かりますし、1人暮らしであればマンションの引越し代や残っているローンなどの費用とお葬式代くらいは最低限準備しておかれると良いのではないでしょうか。

保険の選びのポイント

最近では、様々な保険商品が沢山ありますので、何を選んで良いか分かりませんよね。

保険を選ぶ際のポイントは3つあります。
1、 目的 (加入する目的・何に備えるのか?)
2、 いくら
3、 いつまで

4つのリスクからも分かるように、独身女性が保険に加入する一般的な目的は
1、 医療費
2、 お葬式代
3、 老後費用
4、 介護費用
が主になります。

それぞれの目的に合わせていくら・いつまでを明確にすると、無駄なく合理的に保険を持つ事が出来るでしょう。

独身女性が保険商品を選ぶなら、4つの目的で保険を選ばれると安心ではないでしょうか?

タグ:

独身女性が保険を選ぶ時に注意をしておきたい4つのリスクに関連する記事

Copyright(c) 2014独身女性の人生設計 All Rights Reserved.