独身女性の医療保険で重要なのは入院保障期間

医療
独身女性にとって医療保険は重要です。
自分がもし入院してしまった時には収入源が無くなってしまうので、入院費などを払えないケースもあります。
そうしたことを防ぐために医療保険に入るのですが、大切なのは入院時の保障日数となります。


入院保障期間が短いと、もし入院が長引くと超過分は自腹になってしまいます。
夫がいればその分を補填してもらうことなどが可能ですが独身女性の場合、それはできません。

独身女性はどの日数のタイプにすれば良いの?

医療保険の入院保障期間は30日といったものもあれば、1095日なんてものもあります。
資金に余裕があるならば最長のものを選んでも良いかと思いますが、当然保障期間が長い保険ほど毎月の金額も高くなっていきます。

そこで各病気の平均入院日数を見る事で1つの参考値を出すことができます。
2002年の調査となり古いのですが厚生労働省が以前調べた入院日数の平均によると
心疾患:27.8日
糖尿病:34.4日
脳血管疾患:101.7日
となっています。
上記から重い脳梗塞のような大病でなければ100日以上というのはあまりなさそうです。

そうしたことを考えると、とりあえず30日でもOKと言えるのかもしれません。
ただそれだとぎりぎりになってしまうので倍の60日、もしくは90日〜200日程度まで余裕を持たせるという選択も良いかと思います。
この辺りはどこまで保険にお金をかけられるかという部分になってきますので
皆さんの捻出可能金額から逆算して頂くと良いかと思います。

実際に保険についてはプロに相談した方が安心ですので、
迷ったら一度相談してみることが良いかもしれません。


独身女性の医療保険で重要なのは入院保障期間に関連する記事

Copyright(c) 2014独身女性の人生設計 All Rights Reserved.