団体信用生命保険って何?住宅ローンを一人で支払っていくための保険検討

最近は20代・30代で住宅ローンを組んでマンションを購入する独身女性が増えてきました。
また、これからマンション購入を考えている独身女性もいらっしゃると思います。
今回は住宅ローンを組むと殆ど同時に加入する団体信用生命保険についてご説明したいと思います。


団体信用生命保険とは

住宅ローンは高額、長期にわたっての返済になります。

返済期間中に死亡、高度障害になった場合に本人に代わって生命保険会社が住宅ローン残高を支払うといったものが、団体信用生命保険です。

民間金融機関の多くはこの団体信用生命保険の加入を住宅ローンの借入れの条件としています。
つまり健康状態が良好で生命保険に加入できる状態でないと住宅ローンも借入れできないということになります。

団体信用生命保険の保障内容は基本、死亡・高度障害になった場合となっています。
つまり、介護状態や長期入院・長期療養になった場合には、保障の対象外になっているということです。

介護状態、長期入院・療養状態になってしまうと、介護費用、治療費が掛かる上に収入減の状態の中、
住宅ローンを払っていかなければならないといったかなりの経済的負担になります。

団体信用生命保険の特約

独身女性が住宅ローンを組む際には、生きている間のリスクを考えなければなりません。

団体信用生命保険には、さまざまな特約があります。
1、 3大疾病保障特約(がん・心筋梗塞・脳梗塞)
2、 8大疾病保障特約(がん・急性心筋梗塞・脳卒中・高血圧症・糖尿病・慢性腎不全・肝硬変・慢性膵炎)
3、 介護保障特約(公的介護保険制度の要介護3以上)
など
各商品、保障内容が多少異なっていますので、特約を選ぶ際にはよく内容を比較してください。

例えば、免責要件、中途解約できるかの有無、保険金が支払われる要件などです。

特約を付加すれば保険料は高くなってしまいます。
しかし、いざという時の為のリスクを考えなければなりません。

いま加入中の生命保険の内容を確認し、
団体信用生命保険と重複する保障内容になっていないか等、専門家のアドバイスを受けると良いでしょう。

団体信用生命保険って何?住宅ローンを一人で支払っていくための保険検討に関連する記事

Copyright(c) 2014独身女性の人生設計 All Rights Reserved.