スピード婚ってどうなの?メリットとデメリットをまとめてみた

最近よく聞くスピード婚、芸能人でも多いですよね。
出会いから入籍まで、どれくらいの期間がかかったかというアンケートでも、全体の15.6%の人が1年未満、中には3か月未満という人も1.0%いました。
スピード婚は相手のことをする時間が短い分、「すぐに離婚になるんじゃ…」と思われがちですが、実際はどうなのでしょうか。

スピード婚のメリット

交際期間が短い分、結婚してからも付き合いたてのような新鮮な気持ちでいられる、ということがあげられます。

結婚してから、相手の意外な一面を次々に知っていくことになるので、マンネリすることなく、幸せな気持ちが長続きするようです。
子供ができる前に、夫婦二人でのデートや旅行を、たくさん楽しんでおきたいですね。

また、長い付き合いだとなあなあになってしまいがちな「夫婦のルール」。

生活の仕方やお金にかかわること、お互いの両親のことなど、お互いのことを良く知らない分
「言わなくてもわかってくれる」ではなく、二人で話し合って決めていくことになります。
その結果、お互いに不満も少なく、合理的に結婚生活のスタートが切れるのです。

スピード婚のデメリット

最大のデメリットは、相手のことを深く知らないまま結婚するということでしょう。

相手の性格や生活観、過去の恋愛、経済状況、家族のこと、結婚となると相手のいろいろなことが自分の生活に直接関わってきます。

結婚後に知ったことが、自分にとって許容できないことだった場合、結婚生活が苦痛になったり、離婚となってしまうこともあります。
また、短い交際期間での結婚となると、両親や友人など、周囲の人が祝福してくれるとは限りません。「そんなに早く決めて大丈夫なのか?」と心配されたり、時には反対されてしまう可能性もあるということは覚悟しておきましょう。

スピード婚がうまくいくために

スピード婚は、結婚後が大切です。

夫婦間で何かうまくいかないことがあるたびに、そのことを「スピード婚」のせいと考えずに
問題の本質をきちんと見て、解決策を探しましょう。安易に「この結婚は間違いだった、早まった」と結論付けてしまわないでください。



どんなタイミングであっても、結婚には「見極め」と「覚悟」が必要です。二人にと手のベストなタイミングで幸せな結婚をしてくださいね。

スピード婚ってどうなの?メリットとデメリットをまとめてみたに関連する記事

Copyright(c) 2014独身女性の人生設計 All Rights Reserved.