自炊時に便利になる包丁の種類と選び方、価格帯とは?

包丁

皆さんはどんな包丁をお使いですか?

包丁には用途に応じてたくさんの種類があります。

何をどんな基準で選べばよいのか、素人には難しいですよね。
今回は、そんな包丁の種類と選び方をご紹介いたします。

包丁の種類を知る

家庭で良く使われる包丁には
以下のような種類があります。

三徳包丁

日本の一般家庭で広く使われている包丁です。
野菜、肉、魚と食材を選ばず使用できます

牛刀

三徳包丁同様、食材を選ばず使用できます。
三徳包丁と異なり、刃先がカーブしており、先端が尖っています。

菜切包丁

野菜を切るための包丁です。
刃が薄く、直線的な形が特徴です。

出刃包丁

魚をおろすために使う包丁です。

厚みと重みがあり鋭い切れ味をしています。

ペティナイフ

牛刀を小さくしたものがペティナイフです。

野菜を切ったり果物を剥いたり、細かい作業にむいています。

どの包丁を選べばよい?

最初の一本として、
ほぼすべての食材に使える牛刀、もしくは三徳包丁で迷う人がい多いようです。

牛刀は三徳包丁と比べると長さがあるので、
キャベツの千切りなども一気に切れますし、
先端が尖っているので肉の筋切りなども得意です。

ただし、一人暮らしの狭いキッチンでは三徳包丁の方が使いやすいかもしれません。

「とりあえず自炊を始めてみよう」という人は
まずは三徳包丁を選び、物足りなくなってきたら、
牛刀に切り替えてみてはいかがでしょう。

また、ペティナイフも使い勝手が良いので、
是非そろえてみてください。

万能ではありませんが、魚や固い食材以外ほぼ全て調理可能です。

大きさも手の小さい女性にはちょうどよく、
一人暮らし用の狭いキッチンでも使いやすいです。

ヨーロッパなどではペティナイフ一本でほぼすべての調理を済ませてしまうところもあるほどです。

価格帯

100円ショップでも売っていますが、
切れ味は、「とりあえず切れる」という程度です。

ホームセンターでは1000円~3000円の商品が多いようです。

これから料理を始めてみようという人にはこの価格帯のものがちょうどよいでしょう。

ウン万円もするモノはプロ仕様です。

包丁を変えると生活も変わる

ちょっと難しい包丁の世界ですが、
少しは参考になりましたでしょうか。

まずは最初の一本からはじめて、
料理が楽しくなってきたら、自分のペースで少しずつ揃えていきましょう。

料理の幅もぐんと広がります。

自炊時に便利になる包丁の種類と選び方、価格帯とは?に関連する記事

Copyright(c) 2014独身女性の人生設計 All Rights Reserved.