東京で生活費込み月10万円以内で一人暮らしをする方法

今や働く人の1/3が非正規雇用という時代。
お給料アップは望めないし、一人暮らしも楽じゃありません。

将来のために貯金もしたいし、少しでも生活費は押さえたいというのが、みなさんの本音ではないでしょうか。
では、節約に節約を重ねたら、東京で1ヶ月10万円で暮らすことはできるでしょうか?

家賃を抑える

家賃は収入の1/3が目安といわれています。

今回はもっとも厳しく収入10万円とかんがえると、3万3千円までしか出せないということになります。
家賃の高い東京ではたしてそんな物件はあるのでしょうか?

答えは、あります。23区内でも家賃3万円以下、共益費を入れても3万3千円の予算内で収まる部屋は存在します。

但し、ものすごく古かったり、狭かったり、お風呂が無かったり、と女性の一人暮らしには厳しい物件が多いです。もしくは事故物件。まったく気にしない人にはアリかもしれませんね。

光熱費は努力次第で節約できる

光熱費は努力次第で、節約できます。

一番光熱費に響くのが、エアコンと給湯です。

夏は扇風機でガマン、冬は布団にくるまってガマン、シャワーも超短時間で…と努力を続ければ、光熱費全部合わせて5000円切ることも夢ではないでしょう。

通信費

現代社会ではなくてはならない携帯電話。

大手キャリアのスマホなら月額7000円程度はかかってしまいますが、SIMフリーのものならば、1ヶ月の基本料が1000円以下のものもあります。通話料を合わせても1ヶ月3000円程度で抑えられます。

食費・消耗品費

毎日、節約レシピで自炊すれば、月に2万円程度、頑張れば1万円程度に収められます。

料理が嫌いな人でも、食事は外ではなく家でとるようにしましょう。スーパーならばレトルトカレーは100円以下で買うことができます。
消耗品はドラッグストアや、ホームセンターなどで安く入手しましょう。特に品質にこだわらなければ1ヶ月5000円もかからないでしょう。

まとめ

家賃3万3千円、光熱費5千円、通信費3千円、食費2万円、消耗品5千円、あわせて6万6千円。

このほかに、交通費、医療費、交際費、美容費などが加わります。
トータル10万円での生活。厳しい話にはなりますが絶対に無理というわけではなさそうです。

東京で生活費込み月10万円以内で一人暮らしをする方法に関連する記事

Copyright(c) 2014独身女性の人生設計 All Rights Reserved.