独身女性の保険の必要性と目的を整理する

PCの前で悩む女性

一般的に保険を用意する目的は大きく分けて2つの目的があります。
1つは、残された家族のため、もう1つは、自分のためです。

独身女性の場合は、残された家族のための保険ではなく自分のための目的で保険をまず用意する必要があります。
今回は自分のための保険の必要性について簡単にまとめてみました。


自分のためにかける保険とは

自分のための保険というのは、自分が生きているうちに起こりうるリスクを回避するための保険です。
代表的なものは医療保険やがん保険、介護保険や貯蓄性のある終身保険や老後の年金保険です。

医療保険の必要性

生きていると病気や怪我になることがあります。
その場合当然のことながら入院費や治療費が掛かります。

特に長期入院になってしまうと、収入が減少する上に治療費や入院費が掛かります。
病気によっては何十万、何百万とする先進医療を必要とする治療方法を選択しなければならないこともあります。

若い世代の子宮筋腫が増加していますので、若い時期から医療保険に加入する必要があります。

がん保険の必要性

子宮頸がんは20代から、乳がんは30代から増加しています。

がんは今早期発見、早期治療で治る病気と言われています。
がんの治療方法は人それぞれです。

健康保険適用内の治療方法のみの方もいれば、
先進医療や自由診療を受ける方もいます。

治療に専念するためにもがん保険に加入することを検討することがオススメです。

介護保険の必要性

比較的新しい商品の介護保険も是非検討していただきたい保険です。
介護というと、老後の話と思われる方が多いと思いますが、決して老後の話ではありません。

例えば、30代で脳梗塞や交通事故などに遭い、
一命は取り留めたものの体の一部が不随になってしまったり、
寝たきり状態になってしまったりといった介護状態になってしまう場合もあります。

65歳以上であれば公的保障制度を受けることはできますが、
65歳以下の場合は受けることができません。

独りで頑張っているキャリアウーマンの方にはもしもの時のために是非検討していただきたいです。

貯蓄性終身保険の必要性

預貯金の大好きな独身女性の方は是非終身保険に加入することがオススメです。

数年前に比べ返戻率は悪くなっていますが、銀行や郵便局に預けるより効率よくお金を貯めることができます。

また生命保険料控除を受けることもできますし、
解約返戻金を受け取った場合も一時所得扱いですので税制面でも預貯金より優遇され解約しなければ、死亡保険金が給付されます。

年金保険の必要性

国民年金や厚生年金だけでは老後不安ですよね。

いきなり老後の準備をする事は難しいので、若い頃からコツコツと老後の準備をする必要があります。
また一般の生命保険料控除枠とは別に個人年金保険料控除枠がありますので、
うまく利用すると税制面でお得です。

万が一の場合には、支払った保険料相当額が給付されます。

自分のための保険のうち、掛け捨てと言われる保険は、医療保険、がん保険です。
最近では医療保険の中にも貯蓄性の商品が販売されています。
掛け捨てと貯蓄性の保険料のバランスを考え加入することをお勧めします。

タグ:

独身女性の保険の必要性と目的を整理するに関連する記事

Copyright(c) 2014独身女性の人生設計 All Rights Reserved.