30代の独身女性は医療保険とがん保険へと入るべし!

独身女性も30代になると、ご自身のライフプランを考えるようになってくるのではないでしょうか?
なかには、結婚・出産を意識される方もいらっしゃれば、キャリアを積んで結婚・出産よりも仕事と考える方もいらっしゃると思います。

30代の女性に加入をオススメする保険は、医療保険とがん保険です。


医療保険とがん保険

医療保険は、妊娠してから加入できない場合や加入できても制約や条件が厳しくなっていて保険金が受け取れない場合があります。出産を考えている女性には、妊娠前に必ず医療保険に加入していただきたい保険です。

また、女性の30代というのは、子宮頸がんや乳がんの発症率が大変高くなっています。

がんになると高額な治療費が掛かります。
治療方法によっては、長期通院が続き仕事を辞めなければならなくなってしまうケースもあります。

がん治療による離職率は非常に高く社会問題にもなっています。
いままでずっと病気をせず健康だったかもしれませんが、30歳を過ぎるとさまざまな病気になる可能性が高まってきますので、是非医療保険の加入を検討して頂きたいです。

死亡保障をどの保険で用意するのか?

死亡保障をお持ちでない30代の独身女性がいまから死亡保障を準備する場合、今後結婚・出産を考えているかどうかといった点がポイントになります。

結婚後、専業主婦になるのであれば保険料が経済的負担になってしまっては困ります。

死亡保障を終身保険で準備すると保険料が割高になってしまいますので、結婚までの当面の間の死亡保障と考え、定期保険で死亡保障を準備されると保険料は割安となりますが、定期保険は掛け捨ての保険であるといったデメリットがあります。

貯蓄性のある終身保険・個人年金保険

30代の女性に最近人気のある貯蓄性のある保険、終身保険と個人年金があります。
30代になると多少経済的余裕が出てきて、また老後の経済的リスクを意識されるので貯蓄性の保険に加入される方が増えてきています。

貯蓄性の保険は、途中で解約すると元本割れする事が多いので、毎月の保険料が経済的負担にならないようにしなければなりません。

保険の支払い方法には月払い・半年払い・年払い・全期前納・一括払いといった方法があります。
30代の女性の中には、まとまったお金を持っていらっしゃる方も多いと思います。

そのような方には、全期前納といった払い方をお勧めします。全期前納とは、簡単に言うと、前期間分をまとめて支払う方法です。一括払いに比べて、生命保険料控除が毎年受けられるというメリットもあります。

このように30代の女性が保険に加入する場合、ご自身のライフプランを立て、
保険料が今後経済的リスクにならないようにしなければなりません。

30代の独身女性は医療保険とがん保険へと入るべし!に関連する記事

Copyright(c) 2014独身女性の人生設計 All Rights Reserved.