年齢別に老後に備えた人生設計を!

現在の日本は女性が家にこもる事よりも仕事をバリバリこなし、
社会へと進出する事が非常に多くなってきています。

以前の日本でしたら女性は結婚をして
家庭に入り子供を育て上げるのが一般的でしたが、
現在では結婚や家庭に囚われない生き方をする女性も増えてきています。

しかし、この現実には一つ問題が出てきます。
それは老後をどう設計するかという部分です。

仕事が一段落して、肉体的にも老いてきた時にきちんとした貯蓄や
老後の計画を立てておかないと、いざ一人で老後を生活するという時に困ってしまったり、
焦ってしまったりなどしてしまいます。

今現在、しっかりと働いて生活を充実させているのならば、
今からでも遅くはないので老後の為の人生設計をスタートさせていきましょう。


20代からでもきちんとした老後のビジョンを持とう

20代の頃は若いと思って無駄にお金を使ってしまっていたりしませんか?老後の貯蓄をするのに早すぎるという事は一切ありませんので、まずは月1万円でもいいので老後の為の貯蓄を始めましょう。
いきなり大きな金額の貯蓄をしようと思っても無理をしては長続きしませんので、今の自分が無理なく貯蓄できる金額を毎月きちんと積み立てていきましょう。
毎月きちんと貯蓄をするようになれば貯蓄をする事に慣れていきますので、しっかりと貯蓄をする癖を20代のうちにつけておく事が必要となります。

30代からは少し現実的に老後を考えよう

30代に入った女性ならば、ただの貯蓄だけではなく保険にも加入しましょう。

この場合、掛け捨ての生命、医療保険ではなく20年から30年満期のものに加入して下さい。
掛け捨てでは将来の安心は得られませんので
必ず定期預金にもなるような保険に加入をして、
貯蓄の他に保険でもしっかりとした老後の足組を作っておきましょう。/p>

40代からは個人年金もかけておこう

40代に入ったのならば、個人年金もかけていきましょう。

現在の日本の年金制度は受給出来る年齢がどんどん引き上げられています。
このままあやふやな日本の年金制度に惑わされてしまうよりも、
自分できちんとした個人年金を掛ける方がずっと安定していますし、
個人年金の場合、受け取る年齢も自分で設定できますので非常に利便性に富んでいると言えます。

お金はなければ困りますが、
多い分には全く困りません。

反対に、上記のような前もっての自己投資が独身女性の老後には必要なのです。

いざ老後になって困らない為にも、
今のうちにはっきりとした老後のヴィジョンを持ち、
堅実な貯蓄をしたり、賢く保険や個人年金のシステムを利用して、
穏やかな老後を過ごせるように準備を始めていきましょう。

年齢別に老後に備えた人生設計を!に関連する記事

Copyright(c) 2014独身女性の人生設計 All Rights Reserved.