独身女性こそ医療保険へと加入するメリットが多い

独身女性と一言でいっても年齢やライフスタイルはさまざまですが、
医療保険はどの年代の女性にも必要な保険で、自分自身のための保険と言えます。

医療保険に加入する時期

結婚してから医療保険を考えていらっしゃる方もいるのかもしれませんが、医療保険は自分自身のための保険ですので、結婚前の健康で若い時期に加入することをお勧めします。

その理由は下記のようにいくつかあります。

1.若いと保険料が安くなります。

一般的に保険に加入する時期は若いほど安くなってきます。結婚をする時が遅くなる場合には結婚前に加入しておくことで安くなることがあります。

2.いつ病気や怪我になるか分からない

病気になることには年齢はあまり関係ありません。
病気になってからでは医療保険に加入できない場合もありますので何が起きるかわからない人生の中ではできるだけ若いうちから加入しておくと良いでしょう。

3.妊娠してからの医療保険に加入できない場合や加入できても制約や条件が厳しくなっていて保険金が受け取れない場合がある

妊娠してからだと医療保険に加入することができない場合があります。結婚の前に妊娠が発覚するとその時に保険に加入することができないなんてことが起こるかもしれません。

医療保険に加入していないと

健康な独身女性は、医療保険の必要性を感じていない方が多いのではないでしょうか?

ただし医療保険に入っていないことによるリスクというのはあります。
もし医療保険に加入していなかった場合に起こりうるリスクをあげてみたいと思います。

1.独身1人住まいのキャリアウーマンAさんが長期入院となった場合

有給休暇を全部消化した後、収入が減る上に、入院費に治療費、家賃(住宅ローン)、携帯代、お買い物のローンなど支払わなくてはなりません。
医療保険に加入していなければ、貯金を取り崩して支払わなければなりません。

2.親元から離れて一人暮らししているBさん

毎日ご両親がお見舞いに来る事が出来ないので、洗濯はクリーニング業者に頼まなくてはなりませんし、必要なものは病院内の売店で定価価格で買わなければなりません。

場合によっては、お手伝いさんを雇わないといけないかもしれません。
身内以外はタダで動いてはくれません。

ご両親が若いうちは、遠方に住む娘のお見舞いに行けてもご両親が70、80歳となった場合はどうでしょう?
身内以外に洗濯や買い物をタダで頼める人はいますか?

その様なことを考えておくと自分がもし何かあった時に備えたお金というものが重要になってきます。

医療保険未加入のままでは、何かあってからでは経済的負担も大きい上に、将来的にずっと医療保険に加入できない場合もありますので、もし独身女性で医療保険に加入する必要がないと考えている方はもう一度検討してみることをお勧めします。

独身女性こそ医療保険へと加入するメリットが多いに関連する記事

Copyright(c) 2014独身女性の人生設計 All Rights Reserved.